スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わん」 #定期ポスト

「ぱおーん!」
「それはちがう」
「えっ」
「ちがう」

※推奨BGM


たとえばの話、twitterなどで「ぺーん」とツイートすれば、それを読んだ人は、「ああ、春香さんの『隣に…』ですね」と一目で判断します。「ミソシル」ならばメカご飯。
当然、「わん」と書けば「やよいの『CHANGE!!!!』ですね」となりますよね。
これは『アイドルマスター Dearly Stars』日高さんルート終盤のメインテーマでもありましたが、アレンジ無しのまったく同じ歌でも、口に出す人によって別物になる、というのは「カバー」文化が極端に浸透しているアイドルマスター世界の前提条件と言ってもいい。

歌詞に限ったことではないのですが、テキスト表現でのイントロクイズというのがあります。
名前表記が「???」などとなった人物を、その口調から匂わせる演出は、過去作や関連作で登場人物が知られたビジュアルテキストではよく用いられますね。
初めから文章だけの小説メディアでは逆に使われにくいというか、そんな単純な叙述トリックは認めないという読者もいますけれど。
口調さえわかっていれば、台詞だけで誰の台詞だか判別がつくというか、むしろ前後の文脈がない方がわかりやすいかも知れません。
では、その口調が変わっていた場合はどうか。

敬語で喋る美希や、まともな口調で喋るネリア様がいるじゃないですか。
強烈な違和感を覚える場合もありますが、「ああ、あるある」と納得する場合もありますよね。
立ち絵の有無に関わらず、言葉の意味に関わらず。
これは、その異常な口調で喋る人物が「元の人物と根源的な部分で一致しているため」ではなく、「なんかそういう新キャラ、ないし状態異常として認識するため」なのだとも考えられます。
だから中途半端に原型が残っていると違和感を覚えるし、スイッチを入れるようにがっさり切り替えていれば「ありですね」となる。

別人だよ! と言われれば、そうだね、別人だね! となり、純粋に楽しめる。
「俺達はよく似た別人に会いたかったんじゃない」とかいう話もありましたが、案外みんな昔から「よく似た別人」って好きですしね。
このエントリの冒頭で「わん」「それはちがう」「ちがう」と言っているのはアイドル高槻やよいではなく、やよいAAさんですしね。 #眠い
となると、

(中略)※参考

それと合わせて考えるに、

(中略)※参考

アニメ3期楽しみですね!!!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。