スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過去記事転載】8月13日、ちゃんと説明する。

※当記事は本家ブログ過去記事からの転載です。


最近面白い物がとても多い。
これらの内の幾つかは、たぶん、僕が「この時代に、この年齢と経験をもって」暮らしていなければ、今と同じようには楽しめなかったのだと思う。
そして今のこの楽しみ方は、恐らく別の時代に生まれていた平行世界の僕の楽しみ方の内の多くより、密度も精度も感度も高い。
具体的に挙げると、ブログ企画『No Border』とか、『アイドルマスター 2011年上半期ニコマス20選』の紹介動画とか。
ちょっとその話をします。

先日、遅まきながらNo Borderを拝読させて頂いておりました。
ブログ企画「No Border」とは、たぶんまなめはうすさんとこが主催? なの? 立案? あれ? 主催はNo Border運営委員会とか? そんなのはない? まぁとにかくその辺の方々がやってる企画であらせられまして、具体的には
参加者12人がそれぞれお題を出しあい、各お題に対して全員で記事を書きあう
というものなのですよ。
一般参加者もトラバで参加していーよ、とのことなので、ブログサイトをお持ちの方はご参加申し上げますれば宜しいのではありますまいでしょうか。
アルファブロガーの人の話だからって所々過剰敬語になってしまう辺り、日本国インターネット社会の階級思想は根深いですね。

閑話休題、面白いですねーこれ。
それぞれ単発でも記事として楽しく読める上に、記事同士を比較して読む楽しさも上乗せされる。どちらが格上とかそういうことじゃなく、純粋に異なりを読むということ。そうした読者側の作業により、これら企画は単なる記事の集積ではなく、企画総体として1つのエントリとなるわけです。
私、「同じテーマで違う人が好き勝手に書く」という種類の企画自体がもともと好きなんですよ。
制作者同士の色の違いが明確にわかりますし、各人のスタンスと個性のみを抽出した濃厚な創作物になる、と言いますか。
フリーゲームで言えば、基本素材のみを使ってゲームを作るランタイムパーティー!!が同様の効果を持っていましたし、ニコマス、特に立ち絵利用のノベマスなんて完全にそれですね。
同じ素材、同じテーマからでも、人によって全く異なるものが生まれる。
良いですねー。組み立て、戦略、方針が盤面を塗り替えるという意味では、対戦ゲームの楽しみとも共通点があるんじゃないかな。

何でもそうですし、このNo Border内の記事にしてもそうなんですが、テキストというものは「テーマを考慮せず」「一行だけ抜き出せば」、同じ文章でさえ全く異なる内容のコンテンツとして楽しめるのですよ。
いわば偏向報道の方法論ではありますが、悪意のない偏向は悪いことでないばかりか、発想の起点としてそこそこ興味深いものです。
偉大なる発見の中には、無関係の分野を目にした専門家が、物事を自分の専門分野に無理やり結びつけることで生まれてきたものもあります。リンゴの落ちる様を見て万有引力を発見したニュートンしかり、尾を噛む蛇の夢からベンゼンの環状構造を着想したケクレしかり、ミス・マープルしかり。
音楽家は実在の皇帝をモデルに作曲し、詩人は戦争を神話に織り改める。雷獣シュート、木の葉落とし等、優れた必殺技は並べて自分とは無関係な分野からの着想を得て生まれたと言っても過言ではないでしょう。
アメリカでは特にこの分野の研究が盛んであり、大学や多くの研究機関ではこの思考法をFujoshi-thinking(※腐女子脳)と呼び、部外交流も含むお茶会等で機会を創出し、実地の研究にも活用しているそうです。
なお、先日真面目に書いてたら、自分自身に駄目出し食らって没ったのが、このNo Borderに関する考察記事なのですが、その辺はまぁいいです。略です。


で、20選の方なんですけど。
これ何なのかといいますと、簡単に言えば、視聴者や投稿者が「半年間に出た動画の中で、自分がすげー好きだったもの」を20個選んで、全部まとめて集計するよ! みたいなお祭りです。
主な規格としては、
・2011.1.1~2011.6.30 に投稿されたニコマス新作
・1人のPにつき1本(合作は別扱いとして重複可)

ということで、一人のPの動画に偏りが出にくい形になります。サムネ1選はry
当然ながら僕の目では見逃している物も多いわけで、また改めて見ることで魅力を再発見できるものもあるわけです。
20選自体には賛否両論ありますが、これは集合知の有効活用、集積した愛情表現が生み出す「世界の縮図のひとつの形」であり、単純な再生数や得点制としてのマイリスト数よりも「人に愛される動画」、ないし「印象に残る動画」が集められたランキング、と言えます。
世界の縮図には、それがどのような規模を持つものであれ、複数の形があって当然です。この20選もひとつの形であり、また、20選自体を「どう受け取るか」、「どう判断するか」、「ここから何を得るか」という見方もそれぞれあるわけですね。
「自分が知らなかった動画の発掘」でも良いし、「自分の好きな動画が高評価でうれしい」でも構わないし、もちろん、「こういう動画作れば人気出るのかー」みたいな読み方をしてもプラスになる。
僕も後日実家から戻ったら、まとめ動画で面白そうだったものや、自分と趣味の合いそうな20選リスト内の動画なんかをわっさわっさ観てゆこうと、わくわくしている所です。
ニコマスブログもいろいろと読ませていただくようになったのですが、ブロガーの人の目線も面白いよなぁ。

と、うちの3袋の人もリストに加えて頂いていたりしていたようです。見つけた時びびりましたけれど。
すごろく妄想格納庫 (延長戦)のすごろくさんからYTTF解説回だいぶ前に作って放置してた場所のrwさんからラーメン回だそうです。

いつも楽しく読ませて頂いており、その評価も信頼できるブロガーの人から入れて頂いたのは本当に嬉しいですね。ありがとうございます。
ラーメンと動物が視聴率高いというのはまだ解るのですが、設定解説回ですか。あみだくじと設定説明しかない話ですよね。なるほど。
とりあえず東京に戻ったら数日~1週間程度で新しいのを出すと思うのですけれど、今の方針の物と平行して、別シリーズ(別世界観)でも何か作っていくのではないか、とは思われます。
既存の物では、相撲動画の世界に近い物になると思いますけど、どーなんでしょーね。没ったらお蔵ですね。

と、話の途中ではありますが、家族から急かされているので急いで着替えてお食事に行ってまいります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。