スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター シンデレラガールズはじまたー!

アイドルマスター シンデレラガールズどうもまだ12月まであと10日くらいある気がしてたんですが、3日後は12月なんですよね。
ということで、「11月下旬公開」の予定通りに本公開に移行されたモバイルソーシャルゲーム、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の話です。
詳細はおりたたみ!
 
モバゲーの話はこないだしたから別にいいかなーとも思ったんですが、ちょっと笑ってしまったので。
何って、これ完全に「ソーシャルゲームの中でも取分け課金狙いのゲームバランス」で組まれたゲームなのですよ。
いや、私はソーシャルゲームなんて儲けてナンボだと思いますし、これは悪い意味ではなく、単純に事実としてそうだという話で。
一般的な原作付きソーシャル以上にお金を出す人が見込める以上、そうするのは正しいと思いますし、このためにモバゲーを始めるプレイヤーもいるので、無課金でも登録時初期所持のコインが全額つぎ込まれることも見込まれるから落ち着いてからバランス調整しても構わないですし、「休み時間や休憩代わりに遊ぶ」スタイルには適してないこともないので、一応無課金でも片手間に遊ぶ程度なら問題ないレベルではあります。

クリックゲームというのは「体力」的なステータスを消費して行動を取る、えぇと、昔モブストって流行ったじゃないですか。あんな感じなのですが、わかんなかったら「『マリーのアトリエ』後半フル妖精プレイ」と考えて頂けると、えぇと、違った、違いました。わかんなかったら仕方ないです。
「課金狙い」というのは、具体的にいえば、「体力上限に対する体力減少の割合が大き」く、「体力回復の速度が早い」という点。
(後註:早い=回復が日単位ではなく分単位であるという意味。分単位回復式の中では並程度の回復時間)
つまり「体力切れが発生する機会が多い」
これはソーシャルゲーム的にいうと、「体力回復アイテムの購入リンクを表示する機会が多い」という意味になります。
(後註:加えて、「体力の上限がレベルで上昇する」けれど「回復スピードは変わらない」
アイテムを買わないと何もできないゲームなら貧民ユーザーからのクレームが来るんですが、回復速度自体は早いので、表立った問題はない。しかし買う人は買う。それなりに練られたバランスだと思います。

とりあえず簡単な遊び方について、ヘルプメニューでアシスタント(事務員ではない)の千川ちひろさんが説明してくれている文面を引用いたしますと、
アイドルマスター シンデレラガールズとは?
お仕事で経験値やマニー、アイドルを増やそう!
レッスンで女の子を鍛え、特訓でアイドルに大変身!
育てたアイドルでLIVEバトル!ステージ衣装を集めてレアアイドルGET!
お仕事やLIVEでファンを集めてトッププロデューサーを目指そう!
とのこと。
なるほど、無駄のないシンプルな説明です。それでは、実際の内容を見てゆきます。

もばやよいまず、プレイヤーは「キュート」「クール」「パッション」から好きなプロデューサータイプを選択します。
これは最初に入手できるカードに関わってくるのと、ここで決めたタイプと同系統のアイドルの能力がLIVEバトル時に強化されるようです。
とりあえずキュートを選んだら、初期カードとして高槻やよい(レア)を頂けました。やよかわ。
ほええ、最初にもらえるんですね。何か、最初はもっと全然無名のモブみたいな人達だけでのし上がっていくんだと思ってました。
公式サークルの登録(無料)や友達招待、広告日記を書くなどすると、他のレアカードも手に入るらしいですね。
スタートダッシュキャンペーンとはいえ、大盤振る舞いですね。

島村さん暫定的にモブ子と呼んでいた島村卯月(ノーマル)さんも、無料ガチャで手に入りましたよ!
名前がわかってよかったですね!
カード画像だと左右反転させられてますね! 何ででしょう!

で、本当にシステム面がスタンダードすぎて特に書くことのないこのゲームなのですけれど、挙げるべき特徴として一つ、「特訓」というシステムがあるのですよね。
同一カードが2枚存在する場合、これを合成することでレア度を一段階まで上げることが可能、というシステムで、まぁそれも別に珍しくはないっちゃないんですけど、これ。
違うの。

島村さん+絵が変わるんですわ。
島村卯月(ノーマル+)さんになると、元の制服からステージ衣装になるんですって。ふええ。
じゃあキャラ数100人って言ってたけど、実質200枚の絵があるってことなの?
っていうか「メインキャラクターデザイン」ってあったからメイン部分しか担当しないのだろうと思ってたんだけど、絵自体は全部一人で描いてるの?
(後註:一人でもないみたいだけど、どのみち描いてるキャラ数は半端ない)
お疲れ様です。

ただ、別に特訓しなくてもレア度+のカードって普通にお仕事してると拾えるので、「親愛度及びレベルを成長させずに行う特訓は基本的にマニーの無駄」だということだけ書き添えておきますね。フルコンプするには無印の状態で親愛度最大にしないといけませんしね。えっへへー。

公式的にもキャラグラフィックを推しているようなのですが、本当にそこ一本のゲームだなぁ。
そこを貫くという姿勢はわりと好感が持てます。
ソーシャルゲームなんて、ゲーム性に拘ったら儲かるってもんでもないですしね。

今後もちょいちょい期間限定イベントなどを行うらしいので、暇を見て遊びます! おしまい!

≪追伸≫
・・・と、そういえば、40日くらい前に書いた記事『ソーシャルの件』に、40日くらい前にありがたい拍手コメントを頂いていたのですが、それに10日くらい前に気付いて、10日くらい前に返信を書いたのですよ。
ここ見てたらごめんなさいね。一応私の書いた分だけ引用しておきます。
コメント今気付きました、すみません。ソーシャルゲームは作る手間のわり(というかシステムの複雑さ)に搾取する金額が多いので、「マクドナルドのポテトは原価3円」と同じような理不尽な印象を持たれたり、旧来のゲームファンにはあれがゲームを名乗ることが許せない方も多いですからねー。無課金なら相応程度には面白いんですけどねー。
とかなんとか。
まぁ今見返して「なんでポテトの話してんの?」って思いましたけど。
あれに関しては、3円渡されてポテト揚げろって言われても途方に暮れるわ、が模範解答らしいですよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。