スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボドゲ漫画『北斗と貴音がまなみさんの家で陰陽道を遊ぶようです』

ネタ元:http://shindanmaker.com/168612
ボドゲ動画の次回作がきまったー『3袋Pは『あなたと北斗と貴音がまなみさんの家で、陰陽道を遊ぶ心温まる話を作ります!』 (何ですこの状況……) 話は三十分前に遡る。歩く台風こと日高舞のマネージャーを務め、一部では業界髄一と評判のマネジメント技能を持つ岡本先生の教えを請うべく飲み屋へ向かっていた我々は途中、うちのアイドルが他所様のアイドルともめている現場にぶつかり、
いさめに入ったところ、近隣住民の通報によりパトカーの人が現れ、すっごい怒られたので、ちょうど近くにあった岡本先生宅に一旦避難することになり、親睦を深めるためにボードゲームで遊ぶことになった。なるほど、わからん。「これってどんなゲームなんです?」「ごめんなさい、よくわからないんです。」「えっ」「先生の持ってきたゲームじゃないですか。」「いえ、実はうちの社長が置いていったもので。あと先生はやめてください。」
「前回は鍋敷き代わりに使ったんですけど……」「それは ひどい」「では今回も鍋大会を行うというのは如何でしょう。」「ではじゃねーよ」 でもした。
しかし鍋の効果は絶大である。あれほど険悪だった二人も、すっかり打ち解け、私の緊張もほぐれた。「まこと、岡本まなみ殿は優れたまねえじゃあですね。」「チャオチャオ☆」 なるほど。腹が満ちれば、心も満ちる。体が温まれば、心も温まる。あそこで鍋の話を持ち出したのも、それどころかあのゲームを出したのさえ、全て計算づくだったに違いない。私は先生の力を、肌で実感した。「お待たせしましたー。」「おみそれしました。」「え、ちょっとどうしたんですか!」 彼女がプロデューサー・マネージャー育成機関「岡本スクール」を設立し、業界に革命をもたらすのは、この日から四年後のことであった。おわり

何でしょうこれ。別に漫画ブログになる予定はありません。
とりあえずまなみさんの描き方はなんとなく覚えました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。