スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソm@s記事第3回目の件

第五次ウソm@sの話です。
もう二週間は経とうかというのに、油断していたらマイリス件数が増えていました。
リストに入れたくなるような動画がたくさんあるというのは、ありがたい話ですね。

第五次ウソm@sエントリシリーズ
第1回「エロゲ編+外道編」
第2回「男の娘編+合作編」
第3回「卓m@s編」←いまここ
第4回「あと全部編」

(※上記サブタイトルは開発中の物であり、実際の物とは異なる場合があります)
 

前回の予告に従い、マイリストから原作付きと卓m@sをまとめてみたら結構な数になりました。
ので、仕方が無いので、卓m@sだけ分割することになりました。
固定ファンのついたゲームの卓m@s動画は、大体それなりの人が来て、すぐにコメントも増えるため、見ていて楽しいですねー。
でも今回のウソm@sで卓m@sだけでも85件?だかそのくらいあったらしいし、いくら自分が知っているゲームの動画でも、これ全部見てる人っているんでしょうか。
中でもSW2.0は多いよという噂を最近聞いた気がするので、とりあえず「第五次ウソm@s祭り ソード・ワールド2.0」でタグ検索をかけてみたら、なんか13件も出てきました。ふええ。
ということで、まずはSW2.0動画の話を致します。


やったー開拓卓のIFm@sだーーーーー!!!!!
開拓流行れPの『【iM@S×SW2.0】レーゼルドーンの開拓者たち:00-01【卓ゲM@Ster】』ですよ!!!!!
IFm@sというとあれですよね、過去動画の第1話を現在の技術や素材を用いてリメイクするというそれ!!!!!
リメイクついでに出した感じなので、次回以降も続く感じとのこと!!!!!
私これ序盤見る前に消えてしまったので、かといって途中から見ても状況がよくわからなかったので一旦置いておいて、リメイクを楽しみにしていたのですよね!!!!!
卓m@sとニッチ動画は必ずコメント出して視聴するようにしていたんですけど、これちょっとネタバレコメントが多すぎるのでコメ消し推奨ですね!!!!!
開拓流行れPというと、TRPGプレイヤーからゲーム性などの面で評価が高い他、執筆専やシナリオ専の方々からの支持が強い印象がありますよね。今回を見た限りでは、厳格なテキストと「ゲームを面白くするにはどうすれば良いか」という試行錯誤と詰め方の上手さ、物事を綺麗にハマるように操作する手管、豪腕な書き手の姿が垣間見えました。
「流行れPになら何渡しても間違いなく面白くしてくれそう」みたいな評価を以前何処かで見まして、どういうこっちゃと思っていたのですが、実際に動画を視聴すると納得しました。なるほど、これは確かに面白くならないわけのない第1回です。
本当は旧作から順に見ていきたかったのですが、どうにも我慢できなくなってしまったため、とりあえずこれ書き終わったら一気に別卓見てきます。


SW2.0というとこれもありますよね、むらたんPの『ハルカのアトリエ ~ダーレスブルグの錬金術師~ 【ウソm@s】』。
あまりにも自然なタイトルなのに、「"ダーレスブルグの錬金術師" OR "ダーレスブルグの錬金術士" -ハルカ」だと、これ以外に1件しか出てこないのですね。ここまで綺麗なタイトルがほとんど使われていないというのも驚きなのですけれど、何はともあれタイトルだけでスカーッといたしますね。
1周目は絵と音と動きで楽しみ、2周目はテキストも含めて楽しむ。3周目は改めて総合的に観ていたのですが、PS前後のスペックの電源ゲーとしてのデザインがまとまりすぎていて、「これ実際作るなら、この演出はどう組もうかな、このシステムはどう書こうかなー」という方向に意識を持っていかれてしまうのですよね。それほどまでに「自然」。
コメントによるとSW+アトリエのほかに、レミュオールも混ざってるんですか? 「師」だけじゃなくて?
あちら様のゲームはXPでしか動かない(※当時XPモードなどなかった)ので、95→Me→Vistaの私は結局序盤でフリーズするまでしか遊ばせて頂いておらず、そちらの元ネタはわからないのですけれど。


といったところで、おおまがつひPの『【第五次】RuneM@ster 第1話「ユニコーンの探索」【ウソm@s】』の話に移ります。
こちらはRuneQuestですね。ゲーム自体は名前くらいしか知らなかったのですが、何ですこの惹かれるシナリオ。熱い。やばい。何これ続き観たい。ちょっと調べてみると、これ元のゲームの世界設定も面白そうなんですよね。
この動画に関してはダイジェスト形式のため、リプレイムービーというよりは「架空戦記」としての卓m@sになっています。NPCも含め、このキャラがこの立場で、こういう設定を抱えていて、こういう方向のパラメータを持っているというのが、一つ一つ楽しい。
いいなあ、続かないかなぁと思っていたら、続いてくれました。こちらはRQのシステムやらデフォルト世界「グローランサ」における設定やら何やらを解説しながらのリプレイ、という形のようです。続編と銘打ってありますが、時系列的にはどうなってるんでしょうね。わくわくしますね。

ところで、こうして見ると、TRPG系の卓m@sPってピーの字が全角の方が多いんでしょうか。
別にそんなこと気にする必要はないのですけれど。

こちら、エアPの『【第五次ウソm@s祭り】40年働いたら何が買えるか【卓m@s】』です。エアPは半角ですね。
この半角/全角で、その人がどの方面の人達に影響を受けたかとか、系譜を分類することもできるなーとは思うんですが、そんな話はどうでも良くなる内容です。こちらはカイゼル・レギオンですね!
処女作の別ルートバージョンというのも、一応IFm@sということになるのでしょうか。
この動画はネタバレ無しで最後まで観た方が面白いタイプのそれだと思うので、一応数行下げますよ!








っと、で、このカイゼル・レギオンなのですが、「英雄とボス以外は一山いくら」というゲームシステムになっているんだそうです。
その、一山いくらの1人ずつに焦点を絞った上で、全体のシステムを描くっていう。何でしょう、その発想。
何でしょう、このエンドロール。
泣きました。


っとーいったところで卓m@s編は以上になります!
順番が後になるにつれて視聴メモのテキストが短くなるのは、このブログの仕様です!
卓m@s編と言いながらTRPGばかりになってしまいましたが、まぁ元々卓m@sはTRPGが多いのに加えて、ウソm@sではTRPG率が圧倒的に高くなるような体感もありますしねー。[要出典]
予定としてはあと1回でウソm@s記事はおしまいなのですけれど、なんかまだ結構あった気がするので、たぶんもう少し長引きます。第六次に終われば別に問題ないですね。

それでは私はお豆腐を電子レンジで加熱して湯豆腐的な物を作り、それを肴にお酒を頂こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。