スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力で「はばタン」の話をする系の企画は押し並べて没になりました。

そんなわけで10/11です。
昨日は我那覇くんの人の誕生日だったということで、
そこに焦点を絞ったマイリス動画を並べて悦に浸ろうと思ったのですが、
改めてマイリストを確認するとGBシリーズしか入っていませんでした。
私のマイリス傾向が割れますね。
いや、ガチMADってどうしても評価が厳しくなるし、
連載ノベマスだと同じシリーズで何度もマイリストに入れることも少ないし、
単発ネタが増えるのは仕方ないということでですね。こう。みたいな。その。
ともあれ、今回マイリスト登録されていた響誕動画の中で、一番好きだったのはこちらです。

コロPの『聖帝十字陵で伊織を待つ我那覇くんGB.mp4』。
泣いた。

あ、で、話は変わるんですけど、何かニコマスブログの界隈の方で、面白そうなことやってらっしゃるみたいですねー。
ただそのために』さんのところのブログ大喜利企画
テーマ付きの紹介となると、普段見られないような物が見られる、というのがまず何より嬉しいです!
そんなのあったんだー、っていう所から拾ってくる方もいらっしゃるでしょうし、
そういう読み方もできるのか……って所から持ってきて下さる方もいるでしょうし。
楽しそうですね! わくわくしますね!

おそらく、今の私がこのテーマで何か書くとなると、

とりあえずビールPの『千早姫草伝(後編)』になるのではないでしょうか。シリーズ第4回ですけど。
あ、ほら、今見たら※232の人も「この疾走感が良い」って言ってるよ! ね! ほら! 私の独りよがりじゃないでしょ!
しかし、そうすると以降のお題もすべて『千早武士道』から持ってくる、という独りよがりになる可能性が高く、
そのうち元のテーマと大きく乖離した話をし始めるに違いないので、私は傍から応援しているしかないのです。
トラバを貼らずにこっそり一人で行うことに致しましょう。
 

上掲、『聖帝十字陵で伊織を待つ我那覇くんGB.mp4』も疾走感という要素、
すなわち「駆け抜けて、振り返らない」という点で惚れてしまったのですけれど、
疾走感には単語を聞いてパッと思いつく「テンポ」(時間的疾走)「カメラワーク」(空間的疾走)の他に、
「視聴者置いてきぼり感(※ただし全力で追いかけたくなる物)」(精神的疾走)というのも含まれてくるんでしょうか。
置いてきぼりとまでは言わずとも、それに近い方向性を持つ感覚。

となると、カイザーPの『愛があればギスギスなんて!』辺りが来るのですかね。
百合バカ日誌と同じユニット構成の、別世界観のお話なのですけれど。
テンポ自体は早くもないのです。展開は幾分すっ飛んでいますが、付いていけない超展開ではない。
人がついてゆくことの可能なペースを見極めての疾走、
付いていけると思って後を追う内に、いつの間にか限界を引き上げられる調子。
テンポとカメラワークを除いた視点からの「疾走感」という観点では、適切だと思います。
別に除く必要ないんですけれど。

あとあれです、あれ。

タイガージョーPの『アイドルマスター 765プロのアイドルがスー○ー競馬に出演・菊地真編』。
シリーズ8作目ですけど。
テンポとカメラワークの他に、場面転換、物語の急展開という要素を除いてなお、
追いかけなければ追いつけない精神的引き回し。
とはいえ、今までの話を見ていれば、自分が走る必要すらないのです。
凧揚げの凧のごとく、自分は浮いているだけで、動画と風が体を引っ張ってくれる。
ここまで来ると、最早疾走の定義がよくわからないことになって参りましたが。

ほらー、だから言ったじゃないですかー。
私がこういう企画物に手を出そうとすると、ぜんぜん関係ないこと書き始めるってー。
だから参加したくてもできないんですよー。
んにゃー、プレミアム解除の折にマイリスト登録したものを大体全部消してしまいましたので、
本当はもっと適切な物があるかもしれないのですけれど。

何とやら、まぁ私は初めから私に期待などしていないのです。
そりゃそうです。私は私が知っている動画の話しかしないわけですし。
これから一週間、どのような記事が執筆されるのか楽しみに待たせて頂きましょう。
人生の楽しみが増えるのは、ありがたいことですねー。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。