スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレートファイナルゴールデンアサルトバスター11-12話感想

ほんでPの人は何でペーペーの癖に直属の秋月先輩を呼び捨てにしよんな、この世界のルールぅゆうもんが判ってへんようやな、というようなことは序盤から思っていたのですけれど、当の律子さんが全然気にしていないようなので、私から特に言うことはありません。恐らく前世では親友関係、ないし夫婦関係にあったのでしょう。
以下追記展開で、ネタバレに気を遣い過ぎて些か事実を歪曲した節のあるアニマス感想文が続きます。



11話は春香さんリーダー回であると共に、はるいお回でもありましたね。
星井さんが竜宮小町を指して「あずさ達」と呼んだのに対し、春香さんはわざわざ「伊織達」と呼ぶわけです。
これは最早、制作スタッフによるアニ春香さんのいおりんぺろぺろ的心境を示す明確なアピールであり、今後のシナリオに大きく関わって行く伏線であると判断せざるを得ません。

ですかね。

でもないですかね。

少々言い過ぎました。
判断しなくても案外大丈夫そうです。
何より即決は危険、可能性は幾らでもありますもの。

まずは確定事項から。竜宮小町のリーダーは伊織さんであり、最年長者はあずささんであるわけです。
以上のことを踏まえて、改めて状況を整理します。

星井さんは妹気質なので、律子さんやあずささん等、「明確に年長者としての態度で接してくれる相手」を好み、特に年功序列を重んじる傾向があります。え、ありますよね。あるよ?
春香さんは優れた常識感覚と折衝能力を持つ方ですから、この場合は(他の同僚達もいる手前)暗に公式のリーダーを立てるように振る舞う程度は、自然にこなしてしまうでしょう。無意識と意識的とを問わず、そういう細かい部分まで気を回すのが春香さんです。

というのが一つ。

今回の件は「竜宮小町の能力の高さ、或いはその成長速度を讃える」というコンテクストでの会話ですので、単純な話、星井さんにとって伊織よりあずさの方が能力が高く見えた、ということも有り得ます。
逆に、伊織はいつも近くでみていたから凄いのは当然だが、今までそれ程とも思っていなかったあずささんの伸びに驚いた、とも考えられます。

また春香さんの思考に沿えば、真美は主に亜美の話をするし、今回星井さんがあずさの話をするので、バランスをとって伊織の名前を出した、という見方もできるでしょう。
何話だったか忘れましたけど、真美が自分達双子を指して「亜美達」と呼ぶシーンがありましたよね。これを「竜宮効果による相方の急成長を眼前に突き付けられ、その衝撃で内心引け目を感じてしまった」のだと読めば、アニ春香さん程の方ならその心境の変化にはすぐ気付くことでしょう。バランス説における春香さんが「亜美達」という表現を使わなかったのは明らかに真美への配慮であり、結果、選択肢が伊織一択となったのだとも言えます。

というのが一つ。

あるにはあるんですが、今回はお話の都合上、そのような可能性は一切考慮いたしません。

といった所で12話、春香さんリーダーっぽくない回の話です。
今まで徹底的にやよいおりを推奨してきたアニメ『アイドルマスター』でしたが、前回のはるいお展開により、やよいさんの立場がフリーになったわけです。
そこで、ここぞとばかりに差し込んできたのが、濃厚なやよみき展開。つまり前回のはるいおは伏線。
どの辺がやよみきだったの、と思われた方は、どうかご自分の感性を大切にしてください。
それはそれとして、姉気質のやよいさんと妹気質の星井さんを組み合わせた、年齢逆転の姉妹関係は、実際わりと綺麗にはまるのですよね。


ここで私は当然ニチカPの『【みき→やよ】ニッチカップリング開拓シリーズ【ノベマス】』を持ってくるわけです。
ちょっと前の記事でも少しだけ触れましたが、私はこの解釈が大変好きなのです。
短い動画なので、動画内容について細かい話は致しませんが、「過剰な万能性、絶対的な天才性を持たない、年相応の人間味を残した」星井さんを想定すると、この展開には確かなリアリティがあり、この関係性には安心感がある。

それが平時であればニッチカップリング開拓シリーズの別動画であり、また、次のような形にもなります。

燦々Pの『ほしいさんとたかつきさん』。
ある日の風景、日常的なワンシーン。
仮に絶対的天才性を持っている星井さんであったとしても、彼女にとってやよいさんは、律子さんやあずささんと同様、上の立場の相手として頼り、甘え、丸投げすることのできる相手に当たるのです。
竜宮小町との間に距離が開いてしまった現在、星井さんにとって上の立場の相手として頼り、甘えることのできる相手は、他にやよいさんくらいしかいないのです。

ゆきまこは3つも年上のくせに、姉や母としてはあまり頼りになりません。四条さんはどうなんでしょう。どうなの。
閑話休題、アニメの方でも、来週からのやよみきやよ展開が楽しみですね。


あと全然関係ないけど、バイオレンスPの『アイドルマスター 手描き漫画「やよみきな日々」』も好きだから貼っとくよ!
やったね! 寝ます!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。