スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ちーちゃんとつくろう』完結に際して

9月28日、だごれっどPのMODEL M@STER『ちーちゃんとつくろう』シリーズが、ほぼ2年に渡る連載を経、しめやかに完結を迎えられました。

いい最終回でしたね。

だごれっどPはシリーズ以前にもアイマス関連の模型動画(※支援、痛車、痛戦闘機他)を作ってらっしゃったのですが、このモデマスシリーズは特に、模型の楽しさのよく伝わるシリーズだったのです。
幅広い種類の模型を、幅広い層の人に楽しんでもらう。
そのように志向し、徹頭徹尾、そのようにあるシリーズでした。

これは模型制作の教養講座なのですけれど、そこには色んな視聴者がいるのですよ。
だってまず、世の中には、模型を作る人と、模型を作らない人がいます。
題材となる車両や航空機、艦船を知っている人、知らない人もいます。
模型専攻の人は本当にどんなジャンルでも楽しまれるということですが、
模型は好きだけれど、元になった兵器はよく知らないという人もいれば、
戦車は好きだけど船はあんまりだとか、飛行機の専門だとか、ガンプラしかやらないとか。
アイドルマスターを知っているとか、知らないとか。

基本的に動画は「進行役の挨拶」「題材となる戦車や航空機等の解説」「模型の制作」「完成品のお披露目」(「締めの挨拶」)の4~5段落で構成されているのですが、この2番目が本当に上手いし、極めて強く働くのですね。

題材の解説に関して、これは「知れば知るほど愛着が湧く」の「知る」の部分を生み出すために、それだけ聞けばなんとなく背景が見えてくるレベルに、過不足なく、過剰な先入観を持たせないように心配りをしつつ、わかりやすく、楽しく解説してくれるのですね。
私が最初に視聴したのはチェンタウロ編だったのですけれど、それはチェンタウロ戦闘偵察車に惹かれてのことであって、兵器なら何でも好きなわけじゃありませんし、有名な物でさえ何処の国で作られたのかも知らない戦車も多々あります。
それが、模型制作前の解説で素性がわかり、キャラクターがわかり、興味が湧く。
戦車だけでなく乗用車、先程書いたように航空機や艦船、アニメ等の架空機体など、シリーズでは幅広く作られており、何処から入っても問題なく視聴でき、自分の専門外の題材についても、元々知っていたように楽しめる。

模型の制作部分は過去記事でも書いたとおり、驚くほどあっさりと、それでいて仕事が細かい。
細かいながらも、「ここは必要で、ここはこだわる人だけやればいい」という取捨選択を提示し、初心者への敷居を下げる配慮も忘れないの。

幅広い人に、というのは何も、「入門者向け」という意味ではなく、勿論「入門者と上級者に向けて」という意味でもない
その中間にいる人のことも考えて作られているのですね。
シリーズ中に何度か出てくるのが、ステップアップだとか、脱初心者だとか、ある程度慣れてきた人に向けた語り口。
組むのが難しいキットの紹介や、工程の話をする時にそういった話が出てくるのですが、ちょっとした壁にぶつかる前に「ここを乗り越えれば、この先にはまだまだ楽しいことがあるよ」と励ましてくれる感じ。
幅広い人が、幅広い模型を楽しめるように、というのは、つまりそういうことなのですね。

で、結局何がすごいかっていうとですね。
それが、第一回から、最終回まで、徹底して通底している点なのですよ。
シリーズ物って、続けば続くほど、初期の構想からは離れたり、歪んだりすることが少なくないじゃないですか。
コメントを付けるのが上級者や常連ばかりになるのは当然のことなのですが、それに引きずられたり、「シリーズが続いているのだから視聴者も成長しているはず」という勝手な妄想に囚われたりして、マニアックな話にのめり込んだり。
自分の好きな方向に偏ったり、お約束ネタに奔ったり、シリーズ内の内輪ネタにしがみついたり、作者自身の話に沈んだり。
作者様であるところの、だごれっどPご自身の活動についても幾度かご紹介されてはいますが、面白いイベントの提示や、視野の拡張、また動画の説得力の補強などに必要な以上に表には出さない。
何物にも溺れず、何物にも揺らがされず、根本を保つ。

私は最終回というものをこよなく愛しているのです。
けれど近頃、心より満足のゆく最終回に出逢えていなかったのですね。
最終回に求めるハードルが高くなりすぎていたのか、二期前提の1クールアニメの濫立等により最終回を軽視する作家が増えたのか、その辺りは知りませんけれど。
最終回は積み重ねの後にこそあるものですから、積み重ねの美しいものは、最終回も胸を打つのでしょう。
見終えた後に深い、されど心地よい溜息の出るような最終回は、本当に久しぶりです。
連載と言っても物語ではありませんけれど、今まで積み重ねられてきた動画の数々が、一つの物語的世界となって、胸の中でふくらみ、質量をもって肺を圧迫する。
素晴らしい最終回でした。

次の動画がどういった方針に基くものかはまだわかりませんが、新しいシリーズも楽しみにしております。
以下、シリーズ中で私が好きな回の内、記事内に掲載していない幾つかを貼って、このエントリを結びとさせて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。