スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字を読まない動画

黎明期のボカロ曲って、(全くの作曲未経験者を除けば、)今まで必要に迫られてインストでやってた人達が、自分の曲を歌ってくれる道具を手に入れて嬉しくなって、とりあえず詩をつけて歌わせてみた、みたいのが少なからずあったのですよね。
歌詞を外注や合作で賄っているものでなければ、全編が2流ポップスの2番の歌詞のような、とりあえず音数に文字並べてみた、みたいのが少なからずあったのですよね。
聴衆にも、インスト版と歌入り版がDLできたらインストの方だけプレイヤーに入れておく、みたいのが少なからずあったのですよね。
今はその辺りのインフラも改善され、タイトルを入れただけで歌詞が出てくるジェネレータ等で安定した歌詞供給がなされているようなのですが、かつてはそんな悲惨な状況だったわけです。

これは、「歌なんだから歌詞が必要だ」という思い込みによって起こったことであって、定型に縛られた結果の問題でした。
何の話かっていうと、あれです。

DAT3Pの『MARCHEN』がすっげー良かったですよね!
氷河を思わせる硬質で弾力的な静謐の中に、文字が落ちることで軋みが起き、その軋みが唯一の動きとして、画面を圧し動かしてゆく。
無駄な動きがないから感覚の違和やズレを覚えず、前~中盤が徹底的に低画質であったがために、終盤のアンダービットレートなダンスが、単なる低画質動画ではなく、ダンスの映像として美しく成立する。
高圧縮率でタイルの大きな映像って、美しく見える場合も多々あるんですけど、一歩間違えば単なる糞画質ですし、一歩間違える場合も多々ありますしね。
それを構成でフォローし、あまつさえ全編低画質にも関わらず、「超低画質と低画質」という落差を与えることで、高圧縮特有ののっぺりした野暮ったさ、単調さを消し飛ばしている。
素敵な動画ですよね。

しかし、このですね、コメントのね、

文字が見づらく読む気にならない。ここで離脱する。


それにしてもこれはちょっと見えない


もったいない


というのがありましてですね。

何でこの人たち、文字があったら読もうとするんでしょう。
テーブルにお菓子が置いてあったらとりあえず食べる、みたいな感覚でしょうか。
友達の家にピアノがあったら、ねこふんじゃったを弾いてみるみたいな。

読むとも無しに文字を見つめていて、時折読める部分があって、そこが唐突に「意味のある形」として脳に働きかけることにより、より強烈な印象を残す――という程度の意味合いしかない文字を無理に読もうとすると、そりゃーストレスのたまることではないでしょうか。
バラエティ番組で顔に投げつけるために作り、顔に投げつけ、床に落ちたパイを、スタッフにおいしくいただけと言われたら、そりゃーストレスのたまることではないでしょうか。
アイテム図鑑があるからって、0.1%のレアドロップを数十時間回し続ける、糞の役にも立たない装備を合成する、店置きのバリエーションを制覇するために三周回る、なんてしてたら、そりゃーストレスのたまることではないでしょうか。
この、「文字があったら全て読まなければもったいない」という呪縛のような歪んだ思い込みは、一体誰に植え付けられたのでしょう。ガモウひろしでしょうか。

これ書いてて思い出したんですけど、

私のペンギンの奴も、一部文字を読ませる気のないシーンが入れてあったのですが、「読めない」との苦情を受けたのでしたっけ。
今考えると、ノベマスで説明なしにそれやるのは流石にどうかと思いますし、これはまぁどっちでもいいです。

文字を読まない動画というと、

sub郎Pの『pray SIDE:B』、私これ前にブログに書いた時、勝手に「文字を純粋に視覚的効果のみを目的とした図形的オブジェクト、単なる模様として扱うことを明言するような演出」等と書いたのですけれど、それが本当かどうかは別として、これもね、文字を読まないことでその映像美を満面に享受できる動画ですよね。
文字を読んじゃったら台無しです。これだけドットがあって、サウンドまでついていたら、文字なんか読んでる暇はないのですから。

情報量の話で言えば、

aaaさんの『おしゃれ怪獣2.0』ですよ。
この動画については、普通にブログに書かせて頂いたのと、20選の時期にも何か書いたのですが、画面構成の中に雑誌記事や広告記事的なDTPの演出が、いくつかあるのですね。
この文字、読めば読むで大変面白いのですけれど、言っても画面作りのために配置しているものではあるので、読まなくても面白さはわかります。読めたらラッキーくらいのものでしょう。
録画なりブルーレイなりネット配信なりで一時停止しながら見ないと読めないような情報は、テレビアニメにおいて、単なる模様以上の意味はないのです。
全種類のモンスターを10匹ずつ捕獲し地域制覇・種族制覇及びオリジナルのモンスターを全て撃破するなんて糞クエストやキャプ翼まがいのミニゲームに執心してストレスためて本編攻略を途中で投げるようでは、本末転倒と言えましょう。

と、で、要するに、

「文字を読まない動画」タグの動画って、これしかないんだなー、という話だったのですけれど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。