スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも投げキッスというのはいったい何なのか。

近接攻撃であるところの唇接けを、道具も使わずに飛ばすのだから、剣圧がどうこういう種類の技だと推測するものであります。


どらけけさんの『君の全てに笑いかけられたら』を見てたんですけど。
0:10、この投げキッスで与えられる心理的動揺は、直前の顔アップよりも数段大きい。
今までシャニスマのダンスを見ていてそんな感覚を味わったことはないはずなのですけれど、これはなんなのでしょう。
考えられるのは楽曲、色調、カメラ割、BPMのいずれか、又は複数が影響を与えているという線ですが、まぁBPMなのでしょうか。
粘土に割り箸をつきたてるように、ずぶずぶと胸に沈みこんでゆくのです。剣圧が。
自分の上半身がひしゃげてゆくのをスローモーションで眺めているように、春香さんが踊るのを見ているのです。
さて、心臓が背後に消し飛び、宙に浮いたままになった首が、地面を落ちるまでに、この4:23は流れます。

PCの画面って大体2次元ですし、あと、ステージ上のダンスって、どっちかといえば前後より左右の動きの方が多いんですよね。
前後に狭い舞台だって少なくないので、大舞台を前提にしない活動をしていると、どうしても前後には動かなくなる。
あと、鏡の前で振り付けを考える人間は、鏡から離れることを思いつかなかったりしますから、「下がる」ことはあっても「前に出る」ことはあまりなくて、たまにそういうのを見ると「なんかすっごい躍動感があって楽しそう!」となるのです。
投げキッスというのは、前後に足を動かさなくとも、前後の空間の広がりを使う効果的な手法であり、これを発展させたものがビッキーズの飴撒きだといわれています。
読者諸賢にはお察しの通り、以上の5行はたった今思いついた出任せなのですが、この0:10が前後の動き、即ちモニタに対するZ軸の存在を示唆するがため、天候フィルタの在所は「空」として認識され、故に違和感なく享受されるのですね。

それはそう、全体的に空間創出に気をつかったカメラワークもあり、近くにありながら遠くに映るような印象を受けるのですが、距離感がレンズとなって、画面の手前にある部屋中に微笑みを投影してくださいます。
ヤァ可愛い。美しい。
良い動画でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。