スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床m@ster

床の話、地面の話をする前に、まず、( ● △ ● )さんの『無言ノ別レ』はご覧になられましたか。

それは勿論、このようなタイトルのエントリを覗かれるということは、床シンクロに対して何らかの関心をお持ちでいらっしゃることは疑いようもありません。
上掲の動画をご覧くだされば、今更説明するまでもないこととは思うのですが、一応記事としての体裁上、当該動画様から床メインのシーンを抜き取って、gifアニメにさせて頂きます。
無言1くすんだ薔薇を手繰り寄せる。
無言2軽やかに月光の下を行く。
無言3花びらを振り撒く。
この3カット、画面の中で最も明るく、最も広く、最も動きを持ち、最も変化した部分は、床でしょう。
アイマス2ではスポットライトが薔薇の花だったりハンバーガーだったりしますけれど、この柄を心情の描写として――つまり、その上で踊る者の心の内を投射するスクリーンとして、或いは単純に「最も大きく変化する画面構成物」として、画作りの要所に据えている映像が、私は好きです。
みなさんも、床は大好きですよね。そうですか。良かった。

床シンクロで言えば、

hikaruP『休息』の床は本当に濃厚。
これはもう、問答無用に床メインの動画だと思うんですけど。
開始0:00から床を覆う雨雲のような混沌から花が生まれ、回る。
0:40からは完全に床メインのシーンが始まり、床を中心とした音楽との一体化、流体の形成が行われる。
2:50からは床以外の全てがその姿を喪失し、世界には床のみが残される。
円形スポットライトに落ちる十字の、いわゆるアイマス影さえもその指揮棒とし、鼻歌に合わせて踊る。
ああもう、すごい、気持ちいい、かっこいい。やっぱり床はいいですね。


アゥPも時々すーごい床使いするんですよね。『ねこ吉はまばたきをしない』とか良かったですよね。
先程から響動画ばかり並んでいますが、身長も低く、黒髪で下方を差すポニーテールの響と床は相性が良いので、必然といえば必然なのかもしれません。
序盤、カメラワークや、響の脇越しにちらりと覗く床、地面。
0:30台から一気にその勢いを増し、0:40台で第一次爆発、1:20の頃には床は壁をも取り込む。
そして、1:45からラストまでは、全て床がかっさらってゆく。画面に映っていないときでさえ、その動きは脳を占め、ディスプレイをはみ出して補完する。
えへへ。楽しい。

人が床を気にする時って、実生活でも地面の方を見慣れている時ですから、それは目線がうつむいている時で、きっと気分が沈んでいる時の方が多いのでしょう。
そんな時に、床から盛り上げてくれる動画が見られるというのは、とても幸せなことですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。