スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦あずさという人がなんかよくわかんなかったので、

ちょっと前にミッシングムーンなるゲームソフトを購入してきて、
ちょくちょくプレイさせて頂いているのですけれど、

えっらい可愛いですね、この人。

内輪パロディ動画を作ってた時に自分でびっくりしたんですけど、私あれ作るまでの間で三浦さんに自作に出て頂いたのって、冒頭で使ってるワンシーン、台詞も一行だけしかないのですね。
熱心なあずさ派の人がいう三浦あずさなる人は、どうもドラマCDやボーナストラック、アニメ、二次創作などで出てくる人とは大きくニュアンスが異なるようでしたし、適当なことを書いたら殺されるとでも思っていたのでしょう。
この動画制作時点までで持っていた認識は、「この台詞だけなら、場の空気に乗って言ってくれるだろう」という曖昧模糊とした物だったようです。
最初のミーティングにおいて素でBADを取った理解の無さは伊達ではありません。

ランクもいくつか上がり、ようよう人物像が見えて来たので、ひとまず書いてみることにしました。

「あずさと千早とガラス越しの白い部屋」/「体が重い」の小説 [pixiv]
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1509551


うーん。1時間はやっぱり短いですね。
1時間SSの参加者様で時間制限にきっちり従ってる人って、そんな多くもない気もしますが。
しかしながら、「これをここに書く」「これを今書く」という明確な理由付けが得られる、大変有益な試みでもありますね。
閑話休題、バックグラウンドとして自分の中に人物像があると、格段に書きやすいなぁ。
一応イメージはつかめているみたいですね。良かった。

他、いまいち人物像を把握していないというだけなら我那覇さんと四条さんもそうですけれど。
我那覇さんに関してはネリア様以上に厄介な口調をしてらっしゃり、SP全ルートの台詞全部書き出して傾向と口調変化パターンを調べないとどうしようもなさそうなので、諦めて胡散臭い関西弁を話して頂くことになりました。
四条さん辺りだと媒体間で人格を共有していないことが明確なので、まぁ何とかならないでもないような。

何にしても、好きな物について知らないことが多いというのは、本当に幸せなことですねぇ。
まだまだ新しい発見ができるということですもの。

あ、あと全然関係ないけど、なんか作ったから一応はっときます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。