スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀の話で悪いんだけど。

たまに勘違いしてる人がいるんだけど、麻雀というのは、「安い役ほどアガりやすい」訳では、決してない
「役の作りやすさ」は、その翻数の安さ(≒構成牌が手に入る確率の高さ)以上に、「自分の手牌」と「他家の狙い(場の空気)」に依る

私は「字牌のみに乗るだけドラだけ乗っけて何とかする」のが大好きなんだけど、別にいつもそんなことしてるわけではないもの。
極論、配牌時点で大三元一向聴だった所から平和を狙う人はそんなにいないし、そうでなくともまーその時々で狙うべき最終形とゆーのはあるのだ。
要らんことをしても、ロクな結果は訪れない。
謎のプレッシャーに負けて三暗刻を崩して一盃口にしたら次順で三暗刻の時の当牌を自模った、とか、よくあるよくある。
まぁ私すげー麻雀下手だしね。

動画に関しても同じことで、「受けを取りやすいジャンル」で「それらしいこと」をすれば再生数もマイリスも取れるよね、というのは、まぁ事実なんだけど、それを試したことのない人間が言ったって詮ないのだ。
これは「跳満狙って和了れねーのはテメーの勝手なんだから安手で流されても文句言うんじゃねーよ糞が死ね」という意味ではなく、「貴方がその安手でアガれんのかどーかはわかりませんよ」というお話。
やってみたら案外難しいのかも知れない。
その役を作るのに必要な牌が、その人の手元にあるかどうかはわからないのだもの。

しかし、それでも「これ狙ったら何となく誰でも役までは付きそうな手」というのは、確かにあるの。
風牌と、字牌よ。

ということでPV動画の字牌的技法、「何か大きい文字を画面に置いてみる」をテーマに据えたよくわかんないお祭り、大文字m@sterの話です。

文字かっこいい! 文字置けばそれだけでなんかかっこいいよね! みたいな! ひっでえ! 好き!
わかってても惹かれるんだもんな。
まぁ字牌だけ揃ってても、四面子一雀頭が出来てなきゃそりゃ和了れはしないんだけど、その辺はまーなー。
もう何本か上がってきてますが、文字を置くことで完成しているPVの印象度を高めてる物とか、リズムとかシンクロとか一切無視することで多層的に楽しめる系の物とか、新着で見かけたら楽しませていただきましょう。
えへへ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。