スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの有名なアイドルゲームの女性向けバージョンがついに公開!

ドラマチックアイドル育成ゲーム、『アイドルマスター サイドエム』です!!!!!
いえ、公開は2月だったんですけど、再稼動です!!!!!!!!!
再稼動の上に、稼動後一週間も経っているので今更なのですが!!!!!!!!!!!!!

pazzleyouso.png
再稼動まで随分長いこと引っ張っていたので、パズル要素でもつけるのかと思っていたのですけれど、特にそんなことはありませんでしたね。
(※図は常時画面の前面レイヤでブロック崩しが展開される、新機軸のドラマチックアイドル育成ゲームの想像図)


それでは、このSideM、プレイ所感を以下に簡単にまとめます。

システムとか内容とかは、もうさんざっぱら世の中で出回っていますので割愛。

何かどこかの非公式説明文で「プロデューサーは性別不詳」とか読んだ記憶があるんですけど、普通に男女選べるんですね。折角ですから女性を選択しました。

ギャルゲーや乙女ゲーを遊ぶ場合には、気軽に使える幾つかの簡単な技法があります。
有名な所では、主人公に付けられる敬称が「さん」であれば名前を「おっ」、「様」であれば「御主人」にするだとか、「プロデューサー」や「先生」なら名前を「我が唯一の神、」にするだとか、そういう物ですね。

性別を選べるソーシャルギャルゲーでは女性を選んでおくと、その作りの粗雑さ故に、コンシューマーと比較して高い確率で百合ゲーになります。
ところが、乙女ゲーで男性を選べばBLになるのかといえば、そういうわけでもない
ギャルゲーと百合ゲーのユーザ重複と比べれば、乙女ゲーとBLゲーのそれは著しく低いのですね。
当然、どちらも好んで遊ぶプレイヤーもいるのですが、お互いに拒絶反応を起こす層というのが一定数いる。
よって一般に、乙女ゲーで作家の全力の台詞回しを読みたいと思うのであれば、基本的に友情止まりの男主より、女主を選ぶ方が良いとされています。

20140729_225816.png
えぇと、だから、この台詞は私が女性プロデューサーを選んだから言われた台詞ってことで良いんですよね。

まぁ何でもいいですね。

キャッチコピーは「理由あってアイドル!」、ということで、様々な出自のアイドルがいるのが、このSideMの魅力。
SideMのMは、Manの略でもMaleの略でもないのです! MAJILOVEのMなのです!!

20140725_080541.png
会ったことのない人の弟さん!!
男性プレイヤー層を意識したのか何なのか、どうもロリ系ショタや男の娘の割合が高いように感じられるSideMにおいては極めて珍しいショタ系ショタですね。十八歳ですけど。
見るからにスポーツ系なのにインテリ! 文武両道です! すごい!

20140729_230650.png
おなかに字の書いてあるラーメン屋さん!!
ENJOJIってローマ字で書くと大体ENJOYに空目するので、なんだかすごく楽しそうです。道流エンジョイ!
おなかに書いてあるのは自分の名前なんですね。楽しそうです!
流石に刺青ということは考えづらいので、きっとユニット内でお互いに筆書きしてるんでしょう。楽しそうです!!!

システム面でもユニット重視志向、ストーリーマンガ形式での背景重視志向という、まさに我々の求めていたアイマスソーシャルゲーがそこにあるのです。
'10年代ソーシャルのメインストリーム的スタイルに倣ったシナリオ記法は、PCゲームやテレビゲームにおけるADVをベースにしただけの、メディアやガジェットの特性を考慮せず成長を放棄し過去を諾々と受け入れた奴隷の論理に基く敗者の文体です。
しかし、SideMはマンガ形式といっても、スマートフォンというガジェットに適応・特化した、携帯コミックのスタイルを取ったのですね。
例えばそれは、割られたコマごとに(コマの形を固定せずに、また多数のコマを無理やり一ページに収めたりせずに)表示する方法であるとか、絵の一部分が稼動することであるとか、そういう紙の漫画では再現不可能な(あるいは再現する意味のない)、しかし画面の限られたモバイル端末では非常に有用な記法を持つわけですね。

「クリックゲーム」は「ゲーム」を極限まで削り、磨き、洗練することで、あらゆる要素を肉付けとして得られるように作られています。

ここに、『ラビットフジヤマ2』という3年半前に公開されたPC向けクリックゲームのプレイ動画(注意:英語、かつ三十分もある)があるんですけど、いや、クリックゲームって冷静になるとまぁ実際全然面白くないんですけどね、でも肉付け(この動画においては「人気実況者による実況」)によって、多くの可能性を持たせることができるわけです。

現状跋扈するスマホゲーを見ればわかる通り、スタートダッシュで使い捨てが基本のソーシャルゲーなんか作ってる会社に、中盤以降のレベルデザインなど出来る道理がありません。
「長く続けさせる」ことを目的としたソーシャルゲームにおいて、パズル要素なんて害悪なのです。イベントを進めるのに同じ場所だけをクリックしていれば良いクリックゲーこそが、製作サイドにとっても、プレイヤーサイドにとっても最良の選択だと言えるでしょう。
粗製乱造のパズルゲーム、フリックアクションゲームではかえって中途半端だと非難を受ける、続ける内にプレイヤーがダレてやる気をなくす、ゲームバランスの調整のために余分なリソースを取られる、と悪いこと尽くしですもの。
クリックゲームを極める、という方向性は、悪くない手だったとは思います。

20140725_080244.png
プロデューサーの仕事はアイドルの魅力を引き出し、トップアイドルに育て上げること。
決してパズルやフリックではないのです。
たまにそんなイベントやるくらいは良いと思うのですが。
何の下準備もなくログインしたら脈絡なく始まったSTGで高得点取ったらSRもらえるよ的な。
暴動が起きますね。楽しそうです。


以上、長々と何も考えずに適当なことを書いて参りましたが、私個人の正直な感想と致しましては、

何はともあれ、無事世に出せて良かったですね

ということに尽きます。
リリースおめでとうございました。
スポンサーサイト

たとえばですよ

たとえばの話ですよ。
イエデンワ
春香さん型イエデンワってのがあったら、売れると思いませんか。
これイエデンワ2ですけど。
プッシュボタンはついてないので、受信専用なんですけど。


WILLCOMM@STERに参加しようしようと思っている間に、ウィルコム自体が吸収合併されてしまったらしいので、追悼の意も込めて、仕方なくY!mobileM@STERとして作られたのが上記動画です。
伴奏は、コード入力したらなんか伴奏作るっていうフリーソフト。声の出演はグーグル翻訳さん。
ロケ地は大体立川で、一部町田です。

まぁそれだけなんですけど。

2014年上半期ニコマス20選の件。

今年もやるそうですね! ニコマス20選!

レギュレーションは以下のとおり!

募集期間
2014年 7月2日~7月10日

基本レギュレーション
・対象は2014年下半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログもしくはマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)

7月6日0時現在、原文ママ!
とりあえず1/1~6/30と書いてあるので、それで問題ないのでしょう!

この9ヶ月くらい、私は自宅では半分以上の時間をただひたすら水と酸素とお夕飯を吸収するだけの機械のような存在として過ごしていたので、このリストというのは理論上、それでもなお「目を引き、動画を開かせるだけの企画力ないし宣伝力、集客力を持った動画」縛り、ということになります。たぶん。
では以下です!


01.ぎょP

シンクロの上手な人達がシンクロ動画を作ったら面白い、という世の理を顕現させた動画。
細かい話はこちらに書きました。 >> ダンスシンクロ選手権!!!!!! - 袋詰めキャット
すごい面白い。

02.ステータス異常P

シンクロの上手な素材でシンクロ動画を作ったら面白い、という世の理を顕現させた動画。
細かい話はこちらに書きました。 >> ダンスシンクロ選手権!!!!!! - 袋詰めキャット
すごい面白い。

03.戦前P

オリジナルへのオマージュをサスペンスのクリシェによってシュールなコメディにリビルドしたシリーズの第一話。
逆恨みにも見える激情、心情の移り変わり、その真実が明かされる度、それがテンプレートであるにも関わらず訪れるツイスト。
すごい面白い。

04.ホワイトファーブラックアイP

バルカンの動画作ってるときに、「回転するケーキモ春香があったらなぁ」って思ってたんですけど、数ヶ月経って本当に投稿されたので、強い想いはいつか必ず叶うんだなって、人生に希望を持たせてくれた動画。
すごい可愛い。

05.ちびまるP

「ファン代表カミーユ」という言葉にも偽りはないし、「仲間たちREST@RT」であるのも確かなんだけど、見終わった瞬間にその内容のほぼ全てを忘失するという、至上のエンターテイメントが持つべき条件をこの動画も持っているので、このタイトルのミスリードが毎回適切に作用し、その新鮮な驚きを何度も味わえるようになっているのですよ。
この流れで5:36からのくだりに入るというのは、単品で出されるより数段来るものがあるというか、品物を最高の状態で饗するってのはこういうことなのですね。
すごい。

06.天才カゴシマP

過去作に比べて随分メジャー志向で、それでもこんな本を書いてしまうのは、予想はしていても、実際見せられると改めて感嘆いたします。
夏に焦がれて、結局夏に辿り着けないまま大人になった人ってたくさんいるんでしょうけれど、そんなだったらいっそ夏が来るまで大人にならなければ良かったのではないか、と、観ていて思ったわけです。
すごい面白い。

07.回P

合わせ鏡に悪魔が映るって話じゃないですけど、本来キラルなはずの鏡像と実像のちょっとした変容に基く隔絶って、双方を連結しがちな対称形の並列がもたらす単一化を放逐し、空間を多層化するんですねー。
すごいきれい。

08.ヨナP

敢えて何かしら言葉を添えるなら、今回カメラ前にいるロコは、他のロコ達が次々と先に飛んでゆく中、カメラに付き合ってのんびりしたペースで飛んでくれる、気遣いのできる優しいロコだということでしょうか。
すごい可愛い。

09.柏城P

星の要素は色々あるし、種類も色々ありますけれど、この画面の中を一つ取ったって、たとえばPS3の絵理が海で、DSの絵理が大陸だとしたら、この光は人の営みということにさえなる。
となると、絵理はあらゆる生命に熱と力を与えるものであり、あらゆる生命をその身で育んだものであり、生命そのものでもあるのだな、と今になって振り返れば自分でも何言ってんだか全然わかんない感動を、覚えたわけです。
すごいきれい。

10.ひけふP

「あーそういや今年寅年だったなー」などと無邪気に思っていた私が、2014年が午年だったことを思い出したのは、確かその翌日のことだったと記憶しています。
細かい話はこちらに書きました。 >> 4U2Fの件と最近見たニコマス動画の話。 - 袋詰めキャット
すごい楽しい。

11.推空P

フィンもシュノーケルもウォッチもボンベまで背負ったダイバースタイルの県大会というのは、きっと何か漁業的なイベントなのでしょう。
細かい話はこちらに書きました。 >> 4U2Fの件と最近見たニコマス動画の話。 - 袋詰めキャット
すごい面白い。

12.山本コッポラさん

サビのダンスも含めて、ミュージカルではなくドラマとして演じられるストーリーが、不思議に新鮮な感じです。
その時、それが本当に必要なことなのであれば、楽しく生きることは悪いことじゃないし、そうできるように最大限手を貸そうと思いますし、そうしている人を見ると幸せな気分になりますね。
すごい可愛い。

13.ブラッディP

良いテンポと必要十分な解説、展開に沿った紙芝居で、長い下積みも幸せな気分のまま視聴できます。
徐々に頭に虫が巣食ってゆき、最終的にはウサミン一色に染まってゆくのを疑似体験する感覚がとても心地よいですね。
すごい面白い。

14.はやにえP

熟練の好テンポ、丁寧な振りとしっかりしたオチ。
今井が頑張っているとそれだけで元気になれますし、今井が褒められているとこちらも嬉しくなりますね。
すごい可愛い。

15.メリカリナンP

極力休憩を挟まず、延々ネタをねじこみ続けるコメディは良いものです。
下ネタとキャラ崩壊を主軸に勢いで展開させる芸風ながら、お約束やパロディを違和感ない程度に差し込んで補強し、なおかつテキストや設定等のベース部分が安定しているので、気持ちよく笑うことができるのですよ。
すごい面白い。

16.ナンカンP

今期一番ループ再生したのは、たぶんこの動画。
この楽曲と、箱崎さんという事象は、この動画を生み出すために何らかの超越存在がインテリジェンスデザインしたものなのではないかという疑念を心に抱きます。
すごい可愛い。

17.ここのえさん

人が勇気を持つためには、ちょっとした切欠、たとえばビットを背負ったり、腕にソードをはめたりすることが必要なのですね。
そうして、少しずつ強くなり、それが幸せなことなのかどうかは別として、いつか、ビットなしにも生きてゆけるようになるのです。
すごい可愛い。

18.バニラマリンP

本編が完結へ向けて、伏線を回収し、ねじれを交わらせてゆく中、群像劇の線と線とを三次元的に接続する役割を担うのが、かつて単なるメタに踊らされるだけのポンコツだったその姿から大きな成長を遂げた道明寺であったことが、何だかとても嬉しかった回。
すごい面白い。

19.相談P

初見の感想で、うまいなぁ、という気持ちが強く浮かんだ動画。
細かい話はこちらに書いたと思っていたのですが、そうでもありませんでした。 >> フィファ! ワールド・カップ!! - 袋詰めキャット
すごい可愛い。

20.格無しP

たった一つの差異から、改めて意識したことすらなかった自分の常識とこの世界の現実の間に横たわるギャップへの戸惑いと、心の支えでありアイデンティティの元であった根幹部分の揺らぎと、自己のアイドルとしての可能性の否定材料を得たことによるネガティブのブーストを描くっていう回。
すごい面白い。


そんな感じです。
そんな感じでした。

フィファ! ワールド・カップ!!

フィファですね! ワールド・カップです! オール・ジャパンがサッカー・ワン・カラーですね!
サッカーを見ない人間は非国民! サッカーをしない人間は家畜以下! ドログバを知らない人間は平家にあらず!
今宵もブブゼラを吹き鳴らしつつ、最近見たニコマス動画の話をしましょう!


サッカーといえば、

94Pの『ウサギに負けず高く跳ぶのさ』!
ユニコーンといえば、アルビレックス新潟の応援歌『愛してる新潟』の原曲を作ったロックバンドとして有名ですし、ボーカルの奥田民生もサッカーAFCアジアカップ2007のテーマ曲を歌ったこともあるほどサッカーに所縁の深い人物として知られています。
月球をサッカーボールに、13人のアイドルをサッカー選手+監督+通訳の集団に喩えたこの動画は、青、黄、白と遷ろう月明りの下、楽しげにホップするアイドル達を、躍動的に、しかしせわしなくもなく、それでいて休むことなく追うのですね。
それが一本通った筋をもって、最初から最後まで疲労も倦怠もなく幸せな気分で見ていられるのは、やっぱり監督たる律子さんに、月がとっても似合うからなのでしょう。その静寂も魔性も狂気もひっくるめて。
良い動画でした。

それから、サッカーと言えば、

相談Pの『矢吹可奈ちゃんが可愛くて作った動画』!
矢吹さんといえばご存知のとおり、小学生時代には男子に混ざってプレイしていたほどのサッカー好きアイドルです。
ちょっとした勘違いから、大人の女になることを決意した、サッカー好きアイドル・矢吹加奈。
イングランドには「サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする」という格言がありますが、サッカーチーム同様、その成長のためには優秀な指導者が必要だと考えた彼女は、監督役を求めてキック・アンド・ラッシュするのです。
パス回しのように軽快な掛け合いを繰り広げる選手達は、まさに可愛さのファンタジスタ。
心にハットトリックを決められた所で、ロングカウンターからのループシュートが刺さる。
良い動画でした。

あ、あとサッカーといえば、

街道Pの『【がんばれ】街道m@ster 峠の伝説 part2後編【愛ちゃん】』ですね!
ウエファユーロ2012の開催月に始まったこのシリーズの最新話は、折りしもフィファワールドカップ2014開催中に投稿されています。
坂とサッカーを掛けたとも言われる峠の熱闘死闘、第2話は新世代の日高さんを中心に回るお話。
そもそもim@sDS自体が、背景にサッカーボールや選手のポスターを紛れ込ませるような、サッカー色の強いゲームではありましたが、赤い車をレッドカードに見立てたり、AZ-1をアズワンと読ませることで「TEAM AS ONE」を想起させたり、随所にサッカーを絡めた仕掛けが見られますね。
王道の成長、王道の師弟、王道の友情、ストレートな伏線が、こじれて膿んだ人間関係に突き立てられ、サイドチェンジするかのごとくに繋がった物語は、ラン・ウィズ・ザ・ボールで疾走してゆく。
続きは今月末~来年末くらいになるのでしょうか。楽しみですね。
良い動画でした。


私は夕方のニュースくらいでしかサッカー見てなかったんですけど、こうして見ると、世の中本当にサッカー一色だったのですね。
あと一時間半もすれば、ブラジルVSコロンビアの準々決勝が始まります。
サッカーに寝不足は大敵とも言いますし、私も眠いのでそろそろお休みさせて頂こうと思います。
プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。