スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月って今の私にとって唯一暇な季節なんですよ。

新着大体見て、積んでたアニメも全部見て、それでも動画が濫造できる幸せ。


ココアと言ったら春香、コーヒーと言ったら真と言ってください。』は本家ブログの方で寝ぼけて書いた日記にちょっと付け加えた、思い付きから投稿完了までの制作総時間127分の超大作です。

あと愛誕記事の最後に一応置いたのですが、

愛は七色』っていうのも作りました。
出来上がった物がたまたま反転要素を含んでおり、たまたまフル画質では見るに耐えず300kbpsエンコードを施していたため、渡りに舟と、反転Rem@sterB及びunderbitr@teにも参加することにしました。
そういやこれ誕生祭動画のはずなのに、今見ると誕生祭タグがついてないですね。
まぁいいか。遅刻ですしね。


これこれ。回Pの企画告知
反転もだけど、面白いですよね、underbitr@te。告知文曰く、

【underbitr@te】
Regulation:
1.映像音声合計300kbps以下(前後OK)
2.underbitr@te をタグロック


とのこと。
身も蓋もない言い方をすれば、アングラというかデカダンというか、そんなお祭りですね。
崩れて面白くなる動画ってありますよね。
意味を廃することで色や模様としての認識における精度が上がるとか。
形を廃することで境界を取り除き空気の密度を高めるとか。
価値観を廃することで本来主軸たるべき要素に対する注目を集めるとか。
そうやって色々な物を平らに伸した中から、ふっと覗く見慣れた表情が、廃墟に埋もれたフランス人形みたく、破壊と平穏の間の時間的隔たりを擬似的に再現するとか。
アングラやデカダンに特有の「なんかかっこいい感」を付与することもできますし。
それから、高画質版と低画質版の両方を上げらっしゃる動画とか見てると、高画質版のほうが明らかに素敵で、んん、あれ、んん? ってなったりして、そういう目的と手段が入れ替わり立ち代り、空中戦を繰り広げる所も、このお祭りの楽しい所だと思います。
破壊されたことに対する価値を破壊してみせ、更にそこに価値を見出すなんて、本来十年単位で行うはずの文化的ループを個体進化で成し遂げる、そうして無限を生み出す様はオウムガイの背の永久回廊ですよね。
あと、映像10kbpsとかにするとピンク色ベタ塗りの静止画になったりしますね。

私はあれです、underbitr@teだと、

きいろスポンジさんの『通信』がすっごい好きです。
「ビットレートが低く」「彩度が低く」「コントラストは低くもなく」「階調数が少なく」「ドットが大きく」「再生時間が短く」「動きがないわけではなく」、低画質にするための調整と、それでも画面の中の人物の存在感を保つための調整が、決して一方的ではなく、極端でもなく、良いバランスを狙って落とし込まれていて、器と環境が整えられているからこそ「色と絵と音と雰囲気がいい」っていう直感が正当に働くっていうか、簡単に言えば、「いい感じのものをいい感じに作ってるからいい感じがする」という、この、それです。いいなー。
通信
ほらこれですよこれ。これだけCtrl + '-'押した画面で見ても素敵なの。
崩すことの美しさもさること、崩れてなおの美しさ、まで重ねてあるの。
低ビットレートでの表現方法って、上に適当に並べた以外にもいっぱいあって、ねー、こう、郷愁っていうんですか。
戦後の昭和歌謡みたいなっていうのかな、この、回線が貧弱で、解像度も低かった頃の、そういうなんだかよくわからない「知らない懐かしさ」が、しゅんでるっていうんですか。
面白いなぁって。

面白いお祭りですね。はい。
スポンサーサイト

愛誕好きなんですよね。

色んな種類の動画が上がるじゃないですか。
それも、それぞれ面白いのが。

ほら。
この日高さんという人は、大概のことは出来ますからね。
公式だけでも立ち絵、ローポリ、HD、アニメって、「バリエーションと動きを持った」絵柄がたくさん用意されていますし、だから何をやろうとしても適切な方法が選択できるっていうか。
理由は後付で何とでもつけられるので、それを語ることに「語ると楽しい」以外の意味はないのですけれど、いえ、好きなんですよ。
単純に、日高さんに愛着が強いというのもありますし。
先方が大変可愛らしいというのもありますし。

本年6/25以降の日高さん関連動画で、観測範囲にある物はおおむね視聴し楽しませて頂いたように思うのですが、誕生祭で一番楽しみなのは、やはり愛誕なのですね。
以下、マイリスト登録した物を、この良き日の記録として、なんか適当な順に並べさせて頂きます。
備忘程度に感想文もつけましょう。基本的に動画の内容には触れません。
「良かった」とか「面白かった」は前提なので、本文中では割愛します。


ぐっさんPの『∩(>ヮ<)q < こちょこちょこちょーーー!!!』。
記事の頭にこの動画を置いてしまうと、ここで延々ループしてしまい、その先を読み進めることが困難になるのですが、それも仕方のないことですね。
こうなると、これ以降何書いても仕方ないような気がしてくるというか、この一行上で1時間くらい筆が止まっていたのですけれど。


音MADといえば、マイケッシャPの『はなまるロジック』もマッシュアップではなく音MADなのですね。
元々、音MAD向きの声ではあるとは思うのですけれど、こうして立て続けに聴くと圧巻ですねぇ。
改めて考えると、「音MADにダンスを合わせる」ことのできる文化って、不思議なものですね。


ぐうりんだいDの『HIDAKA☆DRIVE』。DSPVMAD。
DSのローポリで作られた弩ストレートなダンスPVを投げつけられると、いつも思いっきり腹を殴られたような衝撃を受けますね。
めっちゃ踊るなぁって。


あと、ふにゃてぃんPの『愛カツ!』。
電子音とローレゾが合うのは30年以上前から人類が刷り込まれてきたことで、ローレゾと呼ばれる範囲が相対評価に基くものでありグラフィック技術の進歩と共にDSのレベルまで引き上げられた現代であってもそれはかわらず、冷製お茶漬けにたくあんを乗せて食べてるような気分になりますね。


またPS3の話に戻るんですが、チャオチャオPの『熱血乙女Ai』。
モバマス曲は公式曲MADというより良く合うコラボとしてみてしまう、というのは歌ってる人と踊ってる人が違うからなんでしょうけれど、愛茜も妙に合いますよね。
親作品にもあった海鮮丼Pの『【第七次ウソm@s】はなまるトラーーイ!』とか、雪歩に絡むSSとか、こんな形でDSとソーシャルを繋げることも出来るんだなって、胸を打たれた覚えもあります。


こんな繋げ方も、といえば、お姉ちゃんPの『【日高愛生誕祭】愛ちゃんのたぶん知らないバラエティ番組【2013小ネタ】』。
原作さながら、ラストにくるファーストインプレッション、「何でこんな繋げ方したの?」という印象から「ああ、ああ、これが、こうなって、こういう思考があって、こうきて、こうか」となり、「いややっぱり何でそんな繋げ方したの」となる、この感じが、すごく懐かしい。


ノベマスだとあと、はるかなPの『【涼】幼なじみは花マルッ 第1話 【愛】』も。
立場が人をイケメンにするとはよく言ったものですが、こうね、二次創作でね、原作と異なる初期状態から、原作に近い立場を持てる状況へ持ち込むための、話の流れを作り出す手管を見るのがね、私はとても好きなのです。


あと一応私も何か作ったんですけど、そんなに面白いものでもないです。
それはさておき、私はDSのダンスエディット使ったノーカット直撮りPV動画を見たくて仕方がないので、ご存知の方教えてください。

そんな感じです。

モノクロームカウソーリー


この土日にもう1本くらい作るつもりだったんですけど、やっぱりやめたのでこれだけ置いておきます。

Windows7でドメインログオンができない場合に考えられる対処法の1つ

※表題の件に関して火急的速やかに問題を解決することを望まれている場合、ある程度情報の取捨選択を行ってください。


別にWindows VistaでもXPでも原因は同じなのですが。

他人様の作った社内ネットワークに、新しいPCを追加するに当たり、
ドメインログオンができない
というか追加方法がわからない
この前やった時はネットで調べた方法でなんとなく成功したのに、今回に限ってなんかエラーが出る
という状況に出食わすことは、ままあります。
私はこの1年で3回出食わしました。
方法を紙に書いておいてもどうせまた紛失してしまうのでしょうが、
こうしてブログに置いておけば、エラーメッセージをGoogle検索するだけで方法がヒットするのです。
インターネットとは便利なものですね。

以下、要所を絞った手順の説明。

まず、デスクトップなり、スタートメニューなりから、
「コンピューター」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。
システム
「コンピューター名、ドメインおよびワークグループの設定」欄の右の方、
ロゴに紛れて気づきにくい位置に「設定の変更」というボタンがあるので、押します。

すると「システムのプロパティ」ウィンドウが開きますね。
システムのプロパティ
ボタン左側の指示通り、「変更」を押します。

ここで一息ついて、インターネットブラウザから鈴木順さんの『Rainbow Puddle Children』を再生します。

黙って23秒くらい再生していると、得体の知れない浮遊感を覚えます。
何かに似ているような気がして、記憶を巡らせて見れば、ショックレスハンマーを振るうような感覚に近いことに気付きます。
そう認識した上で改めて画面に目を戻すと、確かに、ゆったりとした画面の動きの中、揺れる少女の動きがあたかもショックレスハンマーの鋼球の如く衝撃を放つのを理解します。
ところが中盤には一転、テンポの早い画面切り替えの中、しっとりと吸い付くように映像が流れますので、その柔の中の剛から、剛の内の柔への転換に、恍惚とします。
この時、設定するPCの環境によっては、この感覚を工具に喩えようかと思った上で、自分がそれほど工具が得意な方ではないことを思い出し、割愛するという場合もあります。

再生が終わったら、一旦ブラウザを最小化しましょう。
すると、「コンピューター名/ドメイン名の変更」というウィンドウが開いています。
コンピューター名/ドメイン名の変更
「所属するグループ」はワークグループの方になっていると思うので、
「ドメイン」にチェックを入れ、参加するドメイン名を「*****.local」の形で入力します。

更に「詳細」ボタンも押しておきます。
DNSサフィックスとNetBIOSコンピューター名
なんかこんなウィンドウが開くので、上の段に「*****.local」と入力し、チェックボックスをONに。

ここでブラウザを元の大きさに戻し、むすひらPの『HaRuKaNi`UNDERGROUND13 My Companion』を再生します。

すると、開始0秒で妙な笑いがこみ上げ、常軌を逸した緩さに前半1分程度は肺から空気を喪失します。
如何なるバンドにもまるで合わないとされるこの映像が、まさかこの曲に、かくも見事に融合するとは、と一頻り驚いた上で、後半1分程度は感慨に耽り、しみじみとします。
次に、明太子とスパゲティを、餡子とパンとを組み合わせるかのような、何故そこに思考が至ったのかまるで想像も及ばないにも関わらず、それがスタンダードとして受け入れられることが、運命付けられていたかのような、そうして、まるで、そうなっていた未来を見てきたかのような料理人の存在に、彼らの両親や先祖代々への感謝の気持ちを抱きます。
大体3回くらい再生したら、ドラムのスティックの動きを見つめるだけでトランス状態に入っていきますので、ここで一旦ブラウザを最小化しましょう。

開いていたウィンドウの「OK」ボタンをクリックすると、「コンピューター名/ドメイン名の変更」に戻るので、もう一度「OK」。すると、
エラー
まぁこんなエラーが出るでしょうね。知ってました。
出なかったらこんなブログまで来ていないで、知恵袋辺りで解決しているのではないでしょうか。
私もこの1年で3回くらい同じエラーを出したのですから。

ドメイン"******.local"に参加中に次のエラーが発生しました:

参加しようとしているドメインのドメイン コントローラーのDNS名を解決できませんでした。このクライアントが、対象のドメインでDNS名を解決できるDNSサーバーに到達できるように校正されていることを確認してください。ネットワークのトラブルシューティングに関する詳しい情報は、Windowsのヘルプを参照してください。

このエラーが質問系サイトで未解決案件として放置されがちなのは仕方ないのです。
だってこんなもの、ドメインログオンしようという人なら、設定していて当たり前のことですからね。

さて、ここで天才カゴシマPの『映画 『アドレナリン☆ダスト』 第5話 (アイドルマスター)』を再生します。

すると、正気と狂気の境目に頭部への強い衝撃が関係しているのかはわかりませんが、いずれにせよ、この粘性の強い死を、一切の不気味さも気持ち悪さもなしに視聴者に飲み込ませる流れの作りに、逆に震えすら伴う恐怖を呼び起こします。
炎天下の屋外で飲むぬるいサイダーとは言い得て妙な喩だなと感じ入った上で、通常ならば発生し得ない構成順序を時系列の入れ替えもなしに行う技法にも楽しくなってきます。
映画 『アドレナリン☆ダスト』 (アイドルマスター)』がシリーズ第1話ですが、未視聴の方はこの回を視聴してから初回に戻っても良いでしょう。

次に、「コントロールパネル」辺りから、「ネットワークと共有センター」を開きます。
ネットワークと共有センター
そして、「ローカルエリア接続」を選択。

「ローカルエリア接続の状態」ウィンドウが開きます。
ローカルエリア接続の状態
ので、「プロパティ」をクリック。

要は、TCP/IPの設定を忘れていませんか、という話なのですが。
ローカルエリア接続のプロパティ
6と4がありますが、4の方をダブルクリックします。

プロパティが開きます。
インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ
この、優先DNSサーバーの所に、サーバーのIPを入力するのですね。
これをみなさん、よく忘れるのですね。
私も今年1年で3回くらい忘れてましたものね。

この段階で、改めてウェブブラウザから街道P・まちぼんPの『アイドルマスター 2.O.O.B』を再生します。

大体3分くらい凝視します。
何事か、と思った上で頭出しをし、もう3分ほど凝視します。

これで一通りの手順の説明は終了です。

あとはもう一度、「コンピューター名/ドメイン名の変更」に戻って、
最初と同じような手順で設定すれば、大体なんとかなるんじゃないでしょうか。
それでも駄目なら、ネットが切れてんじゃないかとか、ドメイン名を間違ってるんじゃないかとか、
根本的な問題を精査した上で、ネットワークを作った人に頭を下げましょう。

街道生3日目私の感想ツイートまとめ

単純にレビューを書くよりも、リアルタイムのツイートをまとめた方が臨場感の溢れるレポートになると思いますので、放送中に行った、放送内容への感想ツイートを並べておきますね。以下。



コメントは「きたあああああああ」と「鈴木くん!」くらいしか打ってないんじゃないでしょうか。
映像見るのに忙しかったので、よく覚えてないですけど。

とりあえずおもしろかったので、6時間くらいとってTSとか見るといいですね。

一見の読者ですら「そんなわけあるか」と思うのならば、書いた本人なんてその千倍は「そんなわけあるか」と思っているのに決まっているでしょうに。


話は変わるのですが、ニチカPの『メルヘンデビューを読んだ』は良い動画ですね。通しで2周目視聴後、音声のみで2周聴きました。

疑問と解消の連続。裏切りの妙。
写真単体で見ても何だかわからないものが、歌詞と相互に補完し合うのも楽しい。

0:00で湧き起こる疑問を0:05で完全に解消する。

画面内の表示位置と歌詞内容から瞬時に3段オチを連想させ、さて何がくるかと身構えれば、比較的素直に流れを進め、視聴者の構えを崩し、内に入り込む。

メロディのない朗読形式であることにより、この時点で聴衆の耳は『メルヘンデビュー』を脳裏から追い出し、無意識に別の曲を思い浮かべているのだけれど、疑問に対する回答となる部分の歌詞は当然のことながら『メルヘンデビュー』に立ち戻る。

そして何より、0:11、ここに『ダンシング・ママ』を持ち込む辺りが巧妙なのです。
たった一枚の画像に「ママじゃねーか!」「なんだナナか」という様式美を詰め込む、その間0.5秒。視聴者にタイプする時間すら与えないという。この。

揺れ動くかのようなテンポの緩急、そこから続く0:54、そうして至る2:06。
言いえぬ共感。わかるわかる。そうなるそうなる。という。この。落ち着く。

以上は個人の感想であり、効果には個人差があります。
それでもやはり、これが赴き深い動画であったことには変わりありませんね。

そもそも投げキッスというのはいったい何なのか。

近接攻撃であるところの唇接けを、道具も使わずに飛ばすのだから、剣圧がどうこういう種類の技だと推測するものであります。


どらけけさんの『君の全てに笑いかけられたら』を見てたんですけど。
0:10、この投げキッスで与えられる心理的動揺は、直前の顔アップよりも数段大きい。
今までシャニスマのダンスを見ていてそんな感覚を味わったことはないはずなのですけれど、これはなんなのでしょう。
考えられるのは楽曲、色調、カメラ割、BPMのいずれか、又は複数が影響を与えているという線ですが、まぁBPMなのでしょうか。
粘土に割り箸をつきたてるように、ずぶずぶと胸に沈みこんでゆくのです。剣圧が。
自分の上半身がひしゃげてゆくのをスローモーションで眺めているように、春香さんが踊るのを見ているのです。
さて、心臓が背後に消し飛び、宙に浮いたままになった首が、地面を落ちるまでに、この4:23は流れます。

PCの画面って大体2次元ですし、あと、ステージ上のダンスって、どっちかといえば前後より左右の動きの方が多いんですよね。
前後に狭い舞台だって少なくないので、大舞台を前提にしない活動をしていると、どうしても前後には動かなくなる。
あと、鏡の前で振り付けを考える人間は、鏡から離れることを思いつかなかったりしますから、「下がる」ことはあっても「前に出る」ことはあまりなくて、たまにそういうのを見ると「なんかすっごい躍動感があって楽しそう!」となるのです。
投げキッスというのは、前後に足を動かさなくとも、前後の空間の広がりを使う効果的な手法であり、これを発展させたものがビッキーズの飴撒きだといわれています。
読者諸賢にはお察しの通り、以上の5行はたった今思いついた出任せなのですが、この0:10が前後の動き、即ちモニタに対するZ軸の存在を示唆するがため、天候フィルタの在所は「空」として認識され、故に違和感なく享受されるのですね。

それはそう、全体的に空間創出に気をつかったカメラワークもあり、近くにありながら遠くに映るような印象を受けるのですが、距離感がレンズとなって、画面の手前にある部屋中に微笑みを投影してくださいます。
ヤァ可愛い。美しい。
良い動画でした。

麻雀動画

つくりました!!!!!!!!!


【im@sCG】麻雀ニューウェーブ 第2回「恐怖のトリプルロン」【嘘m@s遅刻】』といいます!!!!!!
第七次ウソm@s遅刻作品です!!!!!!!
これは嘘第2回になるので、公式レギュレーションで言う所の、

> ・その他、ウソ関連やウソに絡めた動画ならなんでもOK

に該当します。楽しかったー! 純粋に楽しい気持ちで作った動画は久々かもしれません!!!!

以下、細かい話をおりたたみ!!!

続きを読む

プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。