スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILKY SCREEN


今年はもう締めたはずなのに、うっかり作ってしまった奴。
スポンサーサイト

まず「卓ゲM@Ster」というのが、色んな意味で厄介なジャンルなのですよ。

ああいえ、変な意味じゃなく。

【前置きが長いので半分飛ばす】

聞いた話では、ニコマスには大きく分けて「PV系」「テキスト系」「その他」、という大雑把な分類があるらしいのですが、PV専攻の人はテキスト系動画を一切見ていなかったり、テキストメインでPVはほとんど見ないという人も多々います。
両方ともランキングや紹介から追っている人もいらっしゃいますし、中には「新着を全部追う」だなんて、傍から見ていてお仕事や学業面が心配になる人もいるらしいのですが、まぁ壁はあります。

そのテキスト系の中にもノベ・架空という大きな区分けがあります。
まずNovelsM@sterとiM@S架空戦記のジャンル分けが厄介なのです。
厄介すぎて、「作者がどう名乗るか」で決まる、という投げやりな結論が出されたのが、もう数年も前の話なのです。
つまり、この区別はぶっちゃけ「作者がどの動画を見て、動画製作を志したか」に基くと言っても良く、せいぜい文化人類学的な調査資料でしかないのです。
ここを突っつくと話が長引くので全略しますけれど、ノベ架空の溝というのは、存外深い。
ノベは読むけど架空はわからないとか、架空は追うけどノベは馬鹿にしているような視聴者の人も、まだ割りと観測できますね。

で、この卓ゲM@Sterは、NovelsM@sterとiM@S架空戦記の間、その中でほとんど架空戦記に寄りに位置します。
ノベマス専攻の人でも卓M@Sに手を出さない人は多い。
更に、卓M@Sの中でも、ボードゲームとTRPGで「壁」とまでは言わないものの「溝」がある。
ボードゲームでも将棋やチェスのような大手さんと、マーケットで売っているような新しいゲームの間では行き来が少ない。
TRPGはシステムによって視聴する動画を決める人もいます。

無論、「そういう人もいる」というか「そういう人が多い」というだけで、全部追っているような人もいるのです。
ただ、趣味で楽しんでいる動画鑑賞が、義務的な物に、生活の負担に、最悪、苦痛になるくらいなら、自分の興味ある範囲だけを見る方が遥かに好ましい。
そんなわけで、肥大化し細分化されたニコマス動画の中で、TRPG動画を見ている人というのは、主にTRPG動画専攻の人だということになっています。
TRPG動画専攻の人には、ニコマスとは関係なくTRPGが好きな人もいますし、東方が専門の人、アイマス自体全然知らない人、一緒に卓を囲める友人がいないから代替手段として大手掲示板から流れてきた人もいて、ほら、もう、分類がすげー面倒臭いんですよ。
私はこの前置きだけでこのエントリを書くのに嫌気がさしてきたんですが、もうちょっと続けます。

そういうこともあってか、卓M@Sは基本的に著作権関連のあれをあれしているニコマスジャンルの中でも、比較的その辺りに気を配っているのですね。
また、卓の方では、アイマス外の視聴者を考慮し、その動画が「アイマス二次創作である」ことを注意点として明記する必要があります。
CAUTION画面をつけると、余ったスペースに「キャラ崩壊がある」とか「同性愛要素がある」とか、お決まりの文句を入れたくなります。
ついでなので「ルールミスや最適解でないプレイがある」という旨も入れておけば、上級者の方もある程度大目に見てくださることでしょう。
出だしに注意書きをつけたのだから、動画の後ろにも何かつけたくなるのが人情です。
「著作権に(そこそこ)気を遣ってる」ってのは、その辺りの事情もあるんでしょうか。
TRPGの卓では(im@s関連の音源や立ち絵を除き、)基本的に自作素材、許諾素材、フリー素材を用いて動画を作成し、利用規約に著作権表示のある素材の場合は、(比較的)その借用元等を明記する(場合が多い)。
たとえその必要性を知っていても、「テンポが悪くなる」とか「雰囲気を壊す」などという尤もらしい理由で、権利も規約もぶっちぎって知らん顔をしているノベ界隈の連中にはちょっとない部分ですけれど、これはまぁ単に文化的なものなのでしょう。
簡単に言えば、(2ch外の)フリーゲームやflashムービー程度の良識があるのです。
これは慣れない人には邪魔臭いとか、説教臭いとか、言い訳がましいとか感じる場合もあり、このCAUTION画面でイラついてブラウザバックする人もいる(と実際耳にした)のですが、そう、この文化の違いも溝の一つたり得るのですね。


ですからね。
面白いTRPG動画を作る方が、ノベマス動画を作ることは、(枠組みを取り払うという観点から)とても素敵なことだと思うのです。

ここで私はまず、卓ゲ喫茶Pの動画を貼ることになるのでしょう。

QRK(急にりょうゆめが書きたくなった)時の、筆者の確かな知識と調査によるDS本編全部と、筆力と想像力による動画世界全部、過去と未来とその間を全て器に詰め込んで熟成された関係性に基く、確りとした実感を持つりょうゆめ! もさることながら、あれですね。
ニンジャスレイヤー翻訳チームによるエイプリルフール企画、『ブーブス・バンド ~ロックンロール女囚軍団~』のノベマス化、『【NovelsM@ster】ブーブス・アイドル・バンド ~ロックンロール女囚軍団~』が投稿されたのが一週間前なのですね。
ノベマスからPを知り、卓の方も覗いてみるって人は、いるんじゃないかなぁ。

そういえばつい先日、きのひとPの話をした時もそんなこと書きましたね。

~ファミレスにて~』から何本か投稿された日常ノベル。
全画面のテキストウィンドウで、要所要所に立ち絵が表示される形式。
ノベマスでも卓でもそうなのですが、きのひとPの描くアイドルは何処となく気品があり、文章量は多くてもスッと頭に入ってきます。
興奮や恐慌はなく、「ほのぼの」や「甘々」というのでもなくて、「淡々」とかハードボイルドなんてのでもなく、そう、サドゥン・ストーリーってこんな感じ。
あるべき日常の中の、少しだけ特別な場面を切り取って描くの。
多人数で数時間の連続性を持つセッションを描く卓動画の方とはまた違う筆致なんですけど、ノベマスの方を気に入られた方は、読んで見るのも良いと思うのですね。


と、いった所で本題なのですよ。


やったーNG集Pのノベマスだーーーーー!!!!!
ブルーデスティニー【Novelsm@ster短編】』、はるちは読み切り短編ストーリー。
いわゆる「穏やかゆったりな入り口で誘い込んで、ちょっと重めな問題を提示して暗くして、その問題を解決し、明るさを取り戻して次に向かって進む感じで締める」系の物語、というと身も蓋もないのですが、まだ良心タグがついてませんね!!!
このツイートNG集PもRTしてますから、組み立ての参考にはされたのでしょうね!!!!
それできちんと面白いお話に作り上げられるのがすっごいなぁ!!!!!!!

NG集Pは普段は迷宮キングダムの卓M@S、『偶像迷宮案内』シリーズを投稿されてらっしゃるのですけれど、いや、この人の卓は、現在作者が失踪する不安がわりと少なく、定期的に投稿されているTRPG卓M@Sを語るなら、なるべく入れといた方がいいんじゃないかなぁ、いやぁ、他人様がどういう話をするか、何に重きを置くかは人それぞれだと思うし、私が口を挟むことじゃないですけど、やっぱり入れといた方がいいんじゃないかなぁ、うぅん、新進気鋭っていうにはデビュー1周年も過ぎちゃったしなぁ、いやでも普通に面白いんだよなぁ、という程に面白いシリーズ、面白いPの人なのですよ。
演出が桁違いに凝ってる人はいます。私も超大好きで、その人の単記事で2エントリは書けます。
思い付きが桁違いに突飛な人もいます。過去シリーズを並べて3行解説つけるだけで1エントリは書けます。
会話が桁違いに巧い人もいます。素材が桁違いにキュートな人もいます。独自要素が桁違いに魅力的な人もいます。実卓ベースで回転が桁違いに早い人もいます。
それぞれ全部名前を挙げることもできますが、これ以上文章が長くなるのもナンなので、別の機会に回しましょう。
NG集Pの動画は、演出や発想や会話などは「わりと面白」く、駄目人間ベースの掛け合いなども「大変面白い」のですが、桁違いに凄いなんてことはないのです。こういう書き方は失礼なのかもしれませんけれど、時代の最先端ということはない。

けれど、このねぇ。何というのかしら。マスタリングが、すっごい面白いんですわ。
一応卓M@Sのまよキン卓で連載中の物は大体全部見てたと思うんですけど、分けても特別面白いんですわ。
各要素がわりと面白いということは、まずウィークポイントが少ないということ。
加えて、こちらの方が主眼なのですが、あれですあれ。
確か以前、酔っ払った私がご本人に、『迷宮キングダム』動画がもっと増えるといいなぁというくだりで「まよキンはシステムが面白いからほっといても面白くなりますもんね!」とか、冷静に考えれば糞失礼に取れる発言をかましたことがあった気がするのですが、いや、その時にも言ったのですけれど、これね、殺意のバランスがねぇ、すっごい私の好みなんですわ。
「殺す気はあるといえばある」けど「無茶振りはしない」し「死んだら喜んでみせる」だろうけど「運が悪くなければ頭を使って生き残れる」ようにして。
その匙加減がドンピシャなの。
これは筆者様の直感的なものだと思うのですけれど、人格形成の過程で、その手のバランスの取り方、とりわけ外圧や抑制からの身のかわし方を学ぶ機会が多かったとか、そういうことなのでしょうか。
TRPGは専門外なのであまりマトモに語ることもできないのですけれど、この方は、じっくり考えて狙った方向に落とす、というのが巧いのですよね。

Pの人が色んなジャンルの動画を作ると、そこからファン層が広がって、再生数やマイリス数も増えて、モチベーションが上がって、面白い動画を長く作り続けて下さると思うのですよね。
だから私はもっと、卓の人にもノベマスを作ってもらいたいのですね。
ああでも、テキスト系の人がPV作り始めると、そっちから帰ってこなくなることもままあるので不安がありますね。
用法容量を適当に決めて、適切に色々やって頂きたいところです!!!
おしまい!!!!!!!!!

客観的に省みるに、私には強味と言えるものが何一つないのでした。

珍しく積極性を持って対外活動に取り組むに辺り、自分の能力を分析してみた所、私には強味と言えるものが何一つないのでした。
強いて言うなら「早さ」くらいのものだけど、扱いが面倒で、遊撃や奇襲にしか使えないし、繁忙期にはそれすらも死ぬ。
わりと本気で陰鬱な気分になり、幾つかの場面で逃亡やら妥協やら延期やらを行ったのですが、このままではあまり好ましくない。
何かしら、自分にも出来ることを探しておかなければ、心理的重圧に押し潰されてしまいますね。
仕方がないので、この所の自分が関わったお仕事やお遊びについて簡単にまとめ、自分に何が出来るのかを資料化してみたのですが。
折角なのでその一部、アイマス関係の何やらについて、この極めて内向きなエントリにまとめて並べておくことと致します。
以下、有体に言えば、今期私が作ったアイマス関連創作物の備忘録なので、特に興味のない人は気にしないでいいです。

続きを読む

詫び状代わりに20本くらい動画を並べるエントリ

SSを書いていたら、不意に不意図に、真美さんが亡くなられてしまったのでした。
つい十行前までそんな前触れもなかったのに、誠に申し訳ないことです。
その埋合せにというのも何ですが、2012年7月以降に私がマイリストしたニコマス関連動画の内、真美さんがメインないし準主役級を務める動画を並べることで、彼女への詫び状に代えさせて頂こうと思います。
私あんまりマイリスト登録しない派なので、そんなに数は出ないと思うのですが、こういうものは気持ちが大事なのです。

続きを読む

最近見た動画の話をするエントリ

オージービーフ
おなかがすきました。

12月が忙しいのは、仕方のないことでありましょう。

≪以下、内容が不適切であったため12行削除≫


まちぼんPの『アイドルマスター ONE!!!!』の話をしようと思うのですが、何なんでしょう、この半年か1年ばかり、まちぼんPの動画がえらい面白いような気がするのですけれど。んにゃあ、仔細合ってマイリストを見返していたのですが、まちぼんPとMCBN_M@sterの割合が妙に高いというか。何かあったんでしょうか。一族郎党が人質に取られて、面白い動画を作らないと一本ずつ指を落とされて郵送されてくるとか、そういうことなのでしょうか。大変ですね。
わからんようでしっくりくる衣装とアクセサリの組み合わせ、これが緻密な計算によるものなのか、感覚によるものなのか、完全なランダム性からの選考によるものなのか、ある程度の感覚とある程度の計算によるものなのか、ある程度のランダム性とある程度の計算によるものなのか、それらの組み合わせなのかはわかりませんけれど、1minuteに高速でコレクションを詰め込む方法として残像による余韻効果はそれらが視覚的に重複していない場合でも補間効果により再帰処理的に次元構成を複雑にしてゆく系の方法論にぴったりで、大変楽しいですね。

方法論にぴったりで大変楽しい、という話でいうと、

カヅキPの『【アイドルマスター】 まず具を鍋で煮ます』の話をしようかなぁと思うのです。

≪以下、自分で読んでさえ意味がよくわからなかったため10行削除≫

良い動画でした。

あとそれと、

推空Pの『【NovelsM@ster】凸と凹の訪問』はご覧になられましたでしょうか。
シリーズ物ですので、第1話となる『【NovelsM@ster】凸と凹の登場』からご視聴くださるのが良いとは思いますけれど。
この動画、このシリーズのこの回、これが一次創作ならば、繋ぎ回として、設定公開と登場人物の掘り下げ、後はせいぜいが陰に陽にの伏線提示によってしか面白みを産み得ないはずの物語が、二次創作であることによって空気感という魅力がより純度を高めてる感がありましてですね。私は溜息を禁じ得ませんでした。
二次創作ってこんな面白さがあったのですね。十何年か読んできたはずなのに、私はまるで知らなかったのです。
小説以外の形で、センセーショナルさやキャッチーさを無理やり付け加えて奇形化される必要に迫られず、現にそうなっていない良質なショートストーリーを読める場として、このニコマスという場は大変ありがたいものですね。

テキスト系でいうと、きのひとPの2E卓シナリオ3が来てらっしゃったのでした。

【im@s】シナリオ3”暴風王”第1話 病は風から 【ARA2E】』。
シナリオ1の時期に見逃してしまったため、シナリオ2も観ていなかったのですけれど、少し前にノベマスを何本か投稿されてらしたじゃないですか。
で、ああこりゃ面白い、まずい、何で今まで見てなかったんだろう、と導入を観たらこれがまた魅力的で、そのまま数日に分けて全話拝見いたしまして、非常に楽しませて頂いた所で、この12月にシナリオ3がきたわけですよ。
レギュレーションとしては「10レベルスタート」でギミックとしては「複数のギルドの共闘」、ボス戦前に相性を考えてどのギルドのギルドサポートを使うかを選べ、戦略の幅を広げることが出来るのですけども、シリアス寄りのロールと真面目なプレイングに安心感があり、プレイヤー諸氏も物腰の品がよく、視聴者は純粋にシナリオへ没頭でき、「ギリギリ死なない範囲で受け切って、倒す」という殴り合いのバランスに焦燥できるのです。
楽しい。楽しい。

楽しい、楽しいといえば、

おしゃれ怪獣2.0』。楽しい。
私不勉強にして、トリエ先生の正式表記がaaa氏なのかトリプルエースPなのかトリプルエース氏なのかもよくわかっていないのですが、この人の動画はよく寝てよく食べてすっごい元気に満ち溢れてる時か、まったく物を考える余裕がない時かに見ないと勿体無いですね。
元気な時はあますとこなく分析的に楽しめるし、考える余裕がない時は落とすことなく染み込んでくるし、今回最初に視聴した時は後者だったのだけれど、先程比較的健康な状態でこれを視聴した所、まったく別の動画に見えました。二度美味しい。
キモ春香さんのフォルムは元来人間の根源的安心感に繋がる物だから、これは人々の心の垣根を取り払い、カルシウムを吸収するためのビタミンDのような役割を果たしているのではなかろうか、と書いてみて、何故カルシウムの話を始めたのかまったく理解できなかったので、この記事を書いている時点での私はそれほど健康なようでもないらしいですね。
なるほど。

それではご飯食べてお風呂入って寝ましょう。

指詰めたり脳に血栓が出来たりする話

お仕事に谷間が出来まして、久々の2連休を頂けたのです。
なので、今週はSSをたくさん書くつもりだったのです。
全部持ち越しか、延期か、没になって、結局動画が2つ出来たのですけれど。


これとこれ。

雪歩「性格反転薬?」春香「うん」』の方はアイマス1時間SS向けに書いていた物が、あまりにも面白くなかったために、「動画にすりゃーちょっとはマシになるかなぁ」と絵をつけてみただけの実験作です。
時期は時期ですが、謎素材合作支援とはまったく関係のない、ただの疑似ノベマスですね。歴としたNHK素材ですし。
動画説明文にNHKライブラリの話を書いてしまったため、NHKの公式twitterアカウントに拾われた、とは思えないほどの再生数に笑いが止まりません。

テーマは11/30のアイマス1時間SSの物を使用しているので、「進歩」「真剣」「親衛隊」「真意」。
1時間SSでは毎回「テーマの単語を本文中に出さない」ことを自分の縛りに設けているため、婉曲な表現も多くなっています、が、やっぱりこれ映像つけても全然面白くないですね。びっくりしました。

もう一つが『【卓m@s】三浦あずさの指の詰め方講座【ボードゲーム】』。
別に指じゃなくてもいいじゃねーか、というご指摘は大変ご尤もなのですが、これはあれなんですね、TimeLineにReTweetされてきた、
という街道Pの発言を見て「ほんじゃーつくるかー」と始めた話なので、上述のご意見は、言わば「シャイニーフェスタってアイマスじゃなくてもいいんじゃないの?」とおっしゃるようなものなのです。(てきとう)

戦略性うんぬんでいえば、まあぶっちゃけそんなもんは無いんですけど、ゲームはゲームなので、全く無いとは言えないのですよね。
言ってみりゃー「ランダム要素のあるニムゲーム」であり、「ランダム要素があって盤面の狭い囲碁」とすら言えないこたーないのですし。
言い過ぎました。全然言えませんでした。

一般の方からは「テトリス?」、ボドゲクラスタの方からは「ブロックス+ダイス」という感想を頂きましたけども、要は「戦略性のあるゲームに、運要素を大量に流し込んだ」物と考えて頂ければまー。
雪歩は適当に置いてますけど、よく見るとあずささんは結構計算して置いてるみたいに見えますしね。
後付で表情合わせただけで、実際は適当に置いてたんですけどね。

このゲームの勝ち筋は「配牌から最終形を想像する」ことです。麻雀でもそういう打ち方をする人は多いと思いますが、あれも運要素の強いボードゲームですものねぇ。
ルールとしては「相手が置けなくなれば勝ち」なのですから、プレイングとしては「相手が置けない状況を作れば勝ち」なのです。
絶対の勝利は「自分の手番に最後の1マスを埋める」こと。
次点で、「相手の手番に、相手が残りのマスに置けない目を出す」こと。
残りのマスに置けない目を出させるのは運の問題もありますが、「残りの空きマスの全てが2マス以上の並びを持たない」状況になれば、相手は2以上の目を出した時点でアウト、つまり「5/6で勝ち」なのです。
今回はその次のレベル、「残りの空きマスの全てが3マス以上の並びを持たない」状況で、相手が3以上の目を出した、「2/3で勝ち」に持ち込んでの勝利、ということになります。
「自分がダイス目で負けない程度に」、「相手の手番に相手が最終形を作れない程度に」ターンを進め、「自分の手番で最終形を作れるように」残りのスペースの配分や形を調整する。

とまぁ、適当に書いてはみましたが、運ゲーは運ゲーです。
このゲームの権利は架空のアメリカ企業にありましたが、倒産の折りにソースコード?も含めてパブリックドメインで公開したらしいので、指を詰める必要のある方はどうぞご自由にお使いください。
本当に指の詰め方を知りたい方は、ぎんねこPとかに聞けばなんとかなるんじゃないでしょうか。知りませんけど。

あ、そうだ、そんなことよりブラックロォズの最新話みなきゃ!

いまねぇ、961組が本格的に動き始めて超面白いところなんですよぉ!
先程、この数年来ずっと気をつけていたfacebookの「いいね!」誤爆を、よりにもよってブラックロォズでやらかしてしまい、大変焦ってはいたのですけれど、慌てて解除したので全然問題ないですね!
いいね、という気持ちは多分にあるのですが、ほら、人生の全ての段階での知人が集うfacebookという公共の場で犬に人間を食わせるタイプの動画を貼るのもあれじゃないですか!

現在は#10後編が最新話なのですが、未見の方はとりあえず#10前・中・後編を見て、面白かったら最初から見るというのが良いのではないでしょうか!

どんな話でも1話から順に見ないと気がすまない、という私と同じスタイルの方は、1話から順に視聴しましょう! それがいいです!


っとごめんなさい、これは自作動画の投稿報告記事でした!
えぇと、動画は他には作ってないよねぇ。
これから今年いっぱいは特に動画的な物を作る予定もないので、2012年はたぶんこれで打ち止めかなぁ。
それでは私は色々とやることがありますので、この辺りで失礼させて頂きます。
プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。