スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早(マタギの気持ちになるのよ)

マタギベストをマタギの人が着てるのあんま見たことないアニマス5話の初回放送からもう10ヶ月も経つというのに、思ったほど熊犬春香さんとマタギ千早の『銀河 -流れ星 銀-』コラボノベマスを見かけませんね。
やっぱり千早をマタギ役にするか、陸奥の四天王役にするか、で皆さん悩んでらっしゃるんでしょうか。
たぶんたまたま私が見逃しているだけだと思うので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご教授ください。
よろしくおねがいします。


追記:

熊春香さんはいました! そりゃそうだよなぁ! 熊イメージ強いもんなぁ!
しかしこれひっでぇなぁ!(賛辞)

っとー、あんまり対外的な長文(最近見た動画記事とか26話感想とか)を書く元気がないので、内にこもった文章を書きましょう。
あれですあれ。


動画をやっつけました。
動画をっていうか、まずあれなんですよ。

ゆらゆら
絵を描いたんですよ。

で、

 「千早と葱笛の少女」/「体が重い」の小説 [pixiv]

それをSSにしたんですよ。
ほんで、更に動画にしたんです。

何か一個作ると使いまわしたくなるのは悪癖ですね。


あとBGMは毛Pの名曲『わき毛』なので、そう聞こえるのは全然問題ないですね。ご安心ください。
わけぎの歌を探してたんですが見つからなかったので、仕方なく腋毛の歌を探してみた所、こちらが引っかかり、郷愁に駆られて思わず使わせて頂いてしまいました。この場を借りてごめんなさい。
「調教」という面ではappend以降でも余裕で通用するレベル、メロディも声質に合ってるし、テーマもわかりやすい。
良い曲だなー。

よし。

寝ましょう。
スポンサーサイト

雪歩「穴から転げて天海春香の出方をみますぅ!」

うわーーーーーーーん!!!!!! こわいよーーーーーーーーー!!!!!!!

続きを読む

「これアイマスでやる意味あるの?」に対する回答にはロクな物がなかった

一番よく言われる所では、コンパチ二次創作ですよ。

 魅力的なコンパチ二次創作について - 藤田工房

表面的な属性、たとえばツンデレ、たとえば貧乏、例えば不憫、例えばツッコミキャラ、例えば弟が事故死した過去、「その属性を持っていれば、誰が演じても変わらない」役柄に当てはめるというスタイル。
原作の人物像、性格、口調、設定、そういった物を一切考慮せず、あるいは“設定として”考慮はするもののマクガフィン程度の役割しか与えず、そのキャラクターを双六のコマのように扱う。
首を挿げ替えれば、まったく別のキャラでまったく同じ話を書くことができるっていう、それ。

シンデレラガールズ関連の二次創作動画やSSでも、初期からしばらくは一部を除いてそういうのが多かったのですけれど。
「首と口調」を挿げ替えて、力関係が似たようなキャラにシフトさせれば、まったく同じ話が平気で書けるみたいな。
にょわーって言わせとけばいいだろみたいな。
共通認識がある程度の実感を得るようになり、ようやく「ああ、これはこのキャラの話だなー」と思えるようなものも増えてきましたし、楽しみにしているシリーズもありますが、数ヶ月前まで評価の高い物語は「それオリジナルでやった方が面白いんじゃないかなぁ」というような物ばっかりだった、などと評している人もいないでもなかったような気がしないでもありません。

あるいはコンパチの極地、レポ漫画・ルポ漫画のように「単に特定の対象を表す記号として既存のキャラクターを使用する」形式。
それに、人力ボカロだってそうですね。何故この声でこの歌を歌わせたのか、理由を問われる。理由がなければ、その完成度に関わらず、評価が一段落ちる。

「これアイマスでやる意味あるの?」
という問いに対する最も汎用性の高い回答は、
「アイマスカテゴリにすると再生もマイリスもそれなりに伸びるんだよ!」
という答えが現実的、かつ絶対的だとされています。
具体例を挙げてみましょう。


ここに2つの動画があります。
ホモ春香BB.mp4』と『野鳥事務員BB.mp4』、いずれもホワイトファーブラックアイPによる、第2回キモ春香BB祭の投稿作なのですが、前者と後者の間には再生数にして約2倍、マイリス数にして約1.5倍の差が歴然と存在します。
投稿時間は前者の方が1時間も早いのに、何故こんなにも差をつけられてしまったのか。
そう、カテゴリの差です。前者は動物カテゴリ、後者はアイドルマスターカテゴリ。
アイドルマスタータグがつくだけで、本来がんばって70再生止まりだったはずの動画が、3桁中程くらいまではがんばる――というのもよくある話です。4桁までは伸びませんけど。
教養講座なんてまさにそれですね。
「アイドルマスターでやっているから興味を持った」
という効果は馬鹿にできない。検索妨害も致し方ない話です。

と、「これアイマスでやる意味あるの?」と聞かれる二次創作物の全てが、本当にアイマスでやる意味がない物なのか、と聞かれると、勿論そんなことはないわけです。
その感想を持った読者ないし視聴者が、製作者の意図を読み取れなかったか、繋がりを理解するための原作知識を十分に持っていなかったか、という可能性もある。
可能性もある、というか、実際わりとあります。
実例は、えぇと、たぶん、よくわかりませんけど、詳しい人に聞けばたぶんわかります。
あ、「アイマスでやる意味」でgoogle検索してもいいんじゃないかしら。たぶん何か出るよ。あ、出た出た。
おー、そういやジュピターの人もそんなん言われてたね。

追記:ついったーで何件か模範解答が出てますね。楽しいですね。

まぁ何でもいいんだけど、ここまではただの前フリ。ここからが本題。
この質問に対する面白い答えが、動画で出てたんですよね。

これこれ。『【ニコマス合作】1106 The first anniversary【1106家元】』。
1周年合作という舞台に「1年の集大成」「成長の確認」ではなく「新しいことへの挑戦」という考え方を持ってきたっぽい感じがする、記念合作としては珍しいスタイルの合作動画ですね。
平常営業の方もいらっしゃいましたが、全体的にそういう傾向があったように見受けられましたし、中の人もそんなことを言っていたような。
あれ私の夢でしたっけ。まぁいいや。

で、あれですよ、あれ、13:46~の、ニチカPの。
今回の合作全部通して、1年分の経験と挑戦が一番噛み合っていたというか、このパートが一番面白かったのだけれど。
「おしゃれ!」
「美希だらけ!」
「はるちはみきが揃うと白になるんだなぁ!」

などの感想も見受けられましたが、私はもっと単純に
「美希は偏在するんだなぁ!」
という感想を持ちました。

グリーンを探す時って、まともな神経してる人なら緑のものにばかり目が向いてしまいがちだけれど、赤い物の中にも灰色の物にも美希はいるんだなって。
桃色の桜にも、茶色い落ち葉にも、虎猫にも、青空にも、グリーンを見出すことができる。

グリーンでない物の中から見出す必要があるのか、「それ緑でやる必要あるの?」という問いに対する答えは簡単ですね。
「緑じゃない物から、緑を探すから、面白いんだよ」って。
そこから見つけ出すのがコラボなんだよ、架空戦記なんだよ、卓ゲM@sterなんだよ、教養講座なんだよって。
勿論ぱっと見てすぐわかる緑色の物と合わせるのも楽しい。満足感。安心感。
一見しても緑色が見えないものから見つけ出した時も楽しい。爽快感。解放感。

つまりこういうことなのです。
「これアイマスでやる意味あるの?」と聞かれたら「その意味を探すのが楽しいんだよ!」と答えれば宜しい。
いやー良かった。これで会話のパターンがひとつ増えましたね。

では寝ます。
プロフィール

藤田るいふ

Author:藤田るいふ
ニコマスとかアイマスの話を思う存分書き綴る用のサブブログ。 たぶん期間限定なんですけど、期間自体は未定。本家

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。